スマフォサイトを表示

Pure Blog

2019年7月の記事一覧

夏キャンプ☆

こんにちは

 

子供さんのいらっしゃるご家庭では もう夏休みですね
楽しい計画は立てられましたでしょうか?

 

わが家は 早々に「海の日」の連休を利用して
チビッコたちと共に 夏のキヤンプに行ってきました

 

 

場所は 高知県仁淀川町「夢の森公園キャンプ場」です

 

 

 

 

山に囲まれている為 木陰にテントがはれて
目の前が川 という 夏でも比較的涼しく過ごせます
山を下ると温泉もありますよ

 

夏のキャンプというと 川遊びが
楽しみのひとつになるのですが

あいにく お天気は 雨

天気予報で 分かってはいましたが・・・

山の変りやすい天気に期待して
数時間でも晴れてくれたらなぁ~と思ってみたものの

最後まで 川遊びはするようにはなりませんでした

気温もかなり低めでした

 

 夕方は肌寒かったです

 

テンションも下がり気味でしたが

そこは好奇心旺盛なチビッコたちです

 

一緒にお料理したり

 

 

 

 カニや虫を捕まえたり

 

 unoをしたり

 

 宿題もしてみたりと

 

それなりに過ごしてくれていました

 

 

大人でも子供でも
外の空気に触れて
自然に触れて
伸び伸びと
過ごすのは
とても気持ちが良いものです

 

 

 

 

今回は 思いっきり体を動かして遊ぶ
というようにはなりませんでしたが

 

また次回のお楽しみ☆ということで

 

とりあえず3泊4日のキャンプお疲れさま

 

 

という感じですね 笑

皆様も楽しい夏をお過ごしください

 

 

ちなみに 昨年は こんなにいいお天気でした

 

↓ ↓ ↓

 

 

テントの撤収で 汗まみれになったこと 思い出しました 笑

2019年07月29日遊び| 投稿者:たかおかたかおか
高性能住宅と日射遮蔽

四国地方も梅雨明けしましたね♫ 🙂

 

一気に夏と言う感じになるのでしょうか?

 

梅雨明けしたと同時に耳に入ってくるのがセミの鳴き声ですね

 

毎朝歩いていてストレッチをしている公園では

 

他の音が聞こえないくらいセミが鳴いています

この時期うるさいセミもアーキテクト工房Pureにとっては役に立つ存在

 

先週上棟式を行ったT様のお話では

 

アーキテクト工房Pureの完成見学会に行った時

 

窓を閉めたらセミの鳴き声が聞こえなくなったのが建築をお願いするきっかけだった!!

 

高性能な建物にすることで外部からの遮音性能も高くなるのです

セミさんに感謝です♪♪

 

 

 

 

 

さて、今回は高性能住宅と日射遮蔽について

 

皆さんもご存知かもしれませんが

 

高断熱・高気密な建物にすると外の冷たい冷気を高断熱性能・高気密性能で室内に入りにくくなり

 

太陽の日射をうまく取り込んであげると日中はほぼ暖房をいれなくても良いくらい室内は暖かくなります

 

では、夏はどうかと言うと屋根・外壁からは断熱性能・気密性能が高い為にやはり冬と同じで

 

入りにくくなりますが、窓からは日射が入らないような設計をしてない限り窓より日射(熱)が入ってきます

 

特に東・西面は日の出、日の入りは太陽高度が低い為に窓より日射が入りやすくなります

 

南面は日中は太陽高度が高く軒や庇をつけることで日射の浸入を防ぐことが可能ですが

 

最近の建物を見ていると軒も出ていないし庇もないBOX型の建物が多いですね

 

夏は74%の熱が窓から入ってきます

どんなに高性能な建物になっていたとしても窓からの日射を入れないようにしないと熱がこもってしまい

 

高断熱・高気密の家は夏暑いなんてことになってしまいますよね!!

 

 

 

 

 

そこで大事なのが日射遮蔽

 

お勧めなのが 外付けブラインドです

 

アーキテクト工房Pureの事務所にも設置されています

 

 

 

 

OBお家にも

 

 

建物の外で日射を遮ると 80%近くの日射を遮ってくれます♬

 

更にブラインドの羽の角度を変えることで外の景色を見ることもできますね

お値段が少しお高いのですべてのお家に採用させて頂く事にならないのが残念ですが・・・

 

 

 

 

高性能な建物になるを全館空調で家全体を1台のエアコンで冷房することが可能になります

 

時々OBのお客様からお問い合わせが入ってくるのが

 

昼間エアコンの効きが悪いようで少し暑い気がする

 

そんな連絡を頂いてOB様のお家に訪問すると

 

しっかりと窓から日射が入ってきているのです

 

お引渡しの時には夏場は日射を入れないよう気を付けてくださいとご説明はしていますが

 

今までの長年の習慣でなかなか日射遮蔽をして頂けないのも現実の様です

 

アーキテクト工房Pureが一般的に建てている家の性能では

 

約30坪(60帖)のお家をしたら6帖用エアコン程度の能力があれば

 

全館空調で家全体を冷暖房することができる為

 

設置している冷暖房機の能力は小さいものが設置されています

 

その為間違って夏場に日射を入れてしまえは

 

家全体を冷やす為の時間もかかってしましますので日射を入れないことをお勧めします

 

外付けブラインド以外の日射遮蔽品としては

 

シェード・スダレ・ヨシズなどもお勧めです

 

 

 

 

外付けブラインド設置しているOBの皆様

 

上手に日射を遮って快適な夏の室内空間をお楽しみください♪

2019年07月28日まじめな話| 投稿者:高岡高岡
新人現場監督やまもとの現場日誌 No.16
~土手の草刈~

今回は

土手の草刈」についてです!

 

梅雨が明け、本格的な暑さになっている今日

恒例の土手の草刈を行いました!

 

あれ?この前したばっかり・・・と思い

前回行った日付を確認すると

約一ヶ月前に草刈をしていました 😯

 

○一ヶ月前の草刈後の土手

○一ヵ月後の土手

土手を覆いつくすように雑草が張り巡らされており、

一ヶ月で成長する雑草の生命力に驚きました 😯


これ以上放置しては、

雑草がどんどん成長して刈りにくくなるため

早速作業開始です!

今回も社長のアシストをしていきます!

前回と違って、背丈の高い雑草はありませんでしたが

今回の天敵は、暑さでした 😕

 

少し動いただけでも汗が止まりません(笑)

こまめに水分補給をしながら草刈をしていきます!

 

約2時間で作業は終わりました!

さっぱりすると気持ちが良いですね!

終わってみると作業着が汗でビッショリ 😐

気づかぬうちにこんなに汗をかいているとは・・・

この時期は、特に体調管理に気を使わなければなりません。

脱水症や熱中症なってからでは手遅れです。

 

過信と油断はしていけないと思います。

「まだ大丈夫」「このくらいなら平気」などと思っていると

急に意識が飛ぶこともありえます。

 

少しでも異変を感じたら

水分と休憩をしっかり取って

体調管理をしようと思いました!

 

 

 

2019年07月28日まじめな話| 投稿者:やまもと ようじやまもと ようじ
東垣生パッシブハウス

『東垣生パッシブハウス』 施工実績にUPしました。

↓ こちらからご覧いただけます。

 

東垣生パッシブハウス

 

 

是非ご覧ください!

2019年07月26日お知らせ| 投稿者:アーキテクト工房 Pureアーキテクト工房 Pure
牛渕の家Ⅱ

『牛渕の家Ⅱ』 施工実績にUPしました。

↓ こちらからご覧いただけます。

 

牛渕の家Ⅱ

 

是非ご覧ください!

 

2019年07月26日お知らせ| 投稿者:アーキテクト工房 Pureアーキテクト工房 Pure
新人現場監督やまもとの現場日誌 No.15
~豊岡町の家 気密測定~

今回は

豊岡町の家の気密測定」についてです!

 

入社してから一度

気密測定が行われる現場があったのですが、

タイミングが合わず立ち会うことが出来ませんでした 😥

 

しかし、アーキテクト工房Pureでは、

全棟気密測定が実施されているので

すぐに次の機会が訪れ、

先日豊岡町の現場で気密測定があり、

立ち会うことが出来ました!

 

入社する前もしてからも

Pure Blogで気密測定の投稿を見ていたので

期待に胸を膨らませ、現場へと向かいました!


測定は、お施主さま立会いの下

実施されました!

測定前に気密測定士の森田さんから

説明が行われます!

 

お施主さまと共に私も説明を聞き、

気密測定について学ばせていただきました!

 

気密測定で検出できるのは

C値(シーチ)と言われる相当すき間面積。

お家にどれだけのすき間があるかを

知ることが出来ます!

(引用資料:http://mudanreibou.jp/about02.html)

日本の基準として、

愛媛県の場合、地域Ⅳ二分類されており

C値=5cm2/㎡以下と定められています!

個人的にこの数値だけでは、わかりづらい、、、、

 

延べ床面積が100㎡(30.25坪)の建物でC値が5cm2/㎡だと・・・

家全体のすき間の面積は・・・500cm2

500cm2に近いものを調べてみると・・・・

 

・B5サイズの用紙(467.74cm2

(学校の教科書やジャンプなどの漫画雑誌などが一般的にB5サイズとなっています!)

実際すき間は、一箇所には集まってはいませんが

これだけのすき間があると思うと驚きですね 😯


測定方法には、

【減圧法】・・・室内の空気を屋外に出して、室内を減圧して外気がすき間から入ってくるようにする方法

 

 

【加圧法】・・・外気を室内に送り込み、室内を空気で満たしてすき間から空気を出るようにする方法

の2つがあります!

 

下の写真の測定器で気密測定が行われます!

【減圧法時】

【加圧法時】

気密測定結果

【減圧法】

建物外皮の実質延べ床面積S=137.28m2

総相当すき間面積αA=12cm2

 

相当すき間面積C=αA÷S=12cm2÷137.28m20.087cm2/㎡

【加圧法】

建物外皮の実質延べ床面積S=137.28m2

総相当すき間面積αA=16cm2

相当すき間面積C=αA÷S=16cm2÷137.28m20.12cm2/㎡

 

アーキテクト工房PureのC値の基準は

0.2cm2/㎡以下なので、無事クリアです!

 

家全体のすき間は14cm2ということに!

基準のすき間面積と比較してみると・・・

※写真は対比なので、実際の面積とは異なります!

(実寸法 :31.11cm×22.00cm/:4.45×3.15cm)

これだけしかすき間がないということは、

超高気密とでもいいましょうか(適当な言葉が今の自分には思いつきませんでした 🙄 )

これはPureの家づくりのポイント1つ

確かな施工力がなせることですね!

良い結果が出て一安心です 😀


気密の勉強をしているといろいろな疑問が出てきて、とても楽しいです!

今、お客様に近い疑問を抱いているので、同じ目線になって、気密に限らず家づくりについて伝えられるのか模索していきたいと思います!

 

2019年07月23日現場レポート| 投稿者:やまもと ようじやまもと ようじ
木なり完熟の紅甘夏

こんにちは
暑さも日ごとに増して 本格的な夏の到来を感じるこの頃ですが

 

夏バテ予防に
是非とも摂りたいのが
ビタミンC・クエン酸

 

そのどちらも しっかり含まれている「紅甘夏」
が先日届けられました

 

届けてくださったのは

日頃 玄関ドアやサッシなど高性能な家造りに必要な
部材などでお世話になっています
(株)チャネルオリジナルさんです

 

箱の中には 紅甘夏と共に1枚のメッセージが添えられていました

 

 

その内容は

 


「西日本豪雨災害から今日まで」

 

■2018年7月7日(土)

愛媛県宇和島市吉田町が強烈な集中豪雨にみまわれ
11名の尊い命が犠牲となりました
柑橘生産量全国1位を誇るミカン園地で 2000か所以上も崩壊し
家屋には 土砂が流れ込み 押し流された家屋もあり
ライフラインは途絶え 生活ができなくなりました

 

その後 ボランティアの方達により復旧作業は進みましたが
みかん作りをあきらめる農家さんもでてきました
そんな中
災害に屈することなく崩れたみかん園地に行き 来る日も来る日も一人で
復旧作業を行っていた伊藤孝則さん

その甲斐あって秋には見事な実がなりました
そして「自分はボランティアさんに助けてもらった」と
3月には東北の被災地へ柑橘を支援してくださいました

現在も地元ボランティアの活動のお手伝いをされているという
真面目で一生懸命な伊藤孝則さんが育てられた
「木なり完熟の紅甘夏」は
無農薬で除草剤不使用なので
皮は 良く洗って マーマレードなどに利用できます

 

メッセージは 更に続き

 

■2018年10月27日(土)~28日(日)

チャネルオリジナルさん 家山社長率いる22名の皆さんが

災害後4ヵ月近く手つかずだった公園やみかん園地の

復旧作業のボランティア活動にきてくださいました

温州みかん収穫のお手伝いまでしていただき感謝しています

 

(中略)

 

豪雨災害にも負けず頑張って育ちました
見た目は悪いですが 希少な紅甘夏を食べてどうか
暑い夏を元気に乗り切ってください

 


 

ボランティア団体の代表の方からのメッセージでした

 

思わず 感動してしまったので 抜粋してご紹介しました

 

手にすると

少しゴツゴツとした形に 強さを感じます

爽やかな香りと酸っぱさは 夏の暑さを吹き飛ばしてくれる

 

 

たくさんの方々の思いが込められた 希少な「木なり完熟の紅甘夏」
に出会えたおかげで

この夏も 更に元気に過ごせそうです

 

2019年07月22日まじめな話| 投稿者:たかおかたかおか
現場での喫煙についての協議

昨日はものすごい雨が降りました

 

 

皆さんの地域は大丈夫でしたでしょうか?

 

 

もうそろそろ梅雨明けしてもらいたいですね!!

 

 

 

 

さて、今回は現場での喫煙について書いてみます

 

 

アーキテクト工房Pureの建築現場はタバコの喫煙はOKとしています

 

 

但し、喫煙場所は決められた場所でです

 

 

この現場での喫煙について

 

 

協力業者会 『ビルダーズPure』 の定例会で再度協議いたしました

 

 

1.現場での喫煙はOKかどうか?

 

 

2.喫煙OKの場合どこの場所を喫煙所とするのか?

 

 

喫煙所について

 

A.敷地の外

 

B.車の中

 

C.仮設トイレの横

 

 

 

このような内容で各業者さんより意見を聞きました

 

 

タバコを吸わない方も含めてほとんどの業者さんが喫煙はOKの意見でした

 

 

では、どこを喫煙場所としたらいいのかの意見聞くと

 

 

いろんな意見がタバコを吸われる方からでましたね

 

 

A.敷地の外では?

 

敷地の外は近所の方から見た感じが悪いのでだめだ

 

近くのコンビニの外では店に迷惑がかかるからだめだ

 

 

B.車の中では?

 

車の中でタバコを吸っている間他の職人さんと話が出来ないのでだめだ

 

現場の職人さん以外の方から見られた時に良い印象ではないのでだめだ

 

 

 

最後に残ったのは仮設トイレの横の喫煙所で他の職人さんと話をしながらが良い

 

 

こんな意見がタバコを吸う職人さんからでてきました

 

 

タバコを吸わない方たちは

 

 

私には関係ない事なので・・・・

 

 

と結局は意見がまとまらないので後日全業者さんにアンケートをとる事となりました

 

 

私も30歳まではタバコを吸っていましたのでタバコを吸っている方の

 

 

気持ちもわからなくはないのですが??

 

 

今、日本でどの位の方が喫煙しているのか気になったので調べてみました

 

 

「2018年全国たばこ喫煙者率調査(JT全国喫煙者率調査)によると

 

 

成人男性の平均喫煙率は27.8%

 

 

成人女性の平均喫煙率は8.7%

 

 

なんと成人全体の 35% 程度の方しかタバコを吸われていないのですね

 

 

いや~意外と少ないですね

 

 

年々喫煙できる場所も減ってきていますし

 

 

喫煙される方は喫煙場所で苦労しているのですね!!

 

 

 

 

後日、アンケートの集計がでました

 

 

結果

 

現場での喫煙はOK

 

喫煙所は車の中

 

 

この結果をビルダーズPure定例会で参加者に伝えました

 

 

タバコを吸われる方はなんで俺たちだけが車の中でと思っているかもしれませんが

 

 

ビルダーズPureの参加者にもタバコを吸っているかどうか聞くと

 

 

やはり30%程度の方しか喫煙していないです

 

 

吸わない70%の業者さんが喫煙する30%の方に対して

 

 

可哀想だからタバコ吸っても良いですよ車の中だったらと許しているのですね

 

 

皆さん優しいですね!!

 

 

早速、告知チラシを作成して各業者さんにメール・FAXで連絡し

 

 

現場にも掲示して喫煙場所の徹底を図っていきますので

 

 

車の中でタバコを吸っている職人さんを見たら貴重な30%程度の方々なので

 

 

優しく見守ってあげてください

2019年07月19日まじめな話| 投稿者:高岡高岡
新人現場監督やまもとの現場日誌 No.14
~豊岡町の家 現場視察~

今回は

豊岡町の家 現場視察」についてです!

 

本日、土居町の家に

香川よりハウスプロジェクトの代表 鹿庭さんをはじめとする3名の方が視察に来られました!

 

きっかけは今月の始めに高松で開催された

建築夜会とのことで、

懇親会にて現場見学の話が出たそうです!

(建築夜会の様子はこちら←)


今回は

気密シートの施工現場の視察となります!

香川県からわざわざ足を運んで下さるので

ただ気密シートが施工された現場を見るのではなく、

是非、実際の施工も見ていただけるように

寺園さんによる実演も行われました!

窓周りなど細部のシートの納まりや

使用している資材についてなど

意見交換が行われていました!

 

【気密シート施工の様子】

丁寧にしわなく気密シートが施工されていきます!

実戦形式での

気密シートの施工ありがとうございました!


実演後も

気密シートの施工以外にも

断熱仕様や換気システム、空調設備などについての意見交換が行われていました!

家づくりに対しての意見交換は、

私にとって非常に勉強になることなので、

こういった場をつくっていただいた

社長ありがとうございます!

最後になりましたが、

今回香川県からお越しいただきありがとうございました!

 

私は地元が香川県なので

またご縁があればよろしくお願い致します!

 

2019年07月18日現場レポート| 投稿者:やまもと ようじやまもと ようじ
住み心地のほどは如何なものでしょうか?

こんにちは

 

蒸し暑い日々が続いておりますが

それは あくまでも外のお話で

アーキテクト工房Pureの建てるお家の中は

高性能 かつ 自然素材を駆使したお家なので

梅雨の時期も さわやかに過ごすことが可能です

 

玄関や窓を開けた瞬間 「蒸し暑っ!」 と感じ

あらためて 「梅雨だったな・・・」 と思い知る そんな毎日です

 

 

さて 先日

新しいポストカードが事務所に届けられました☆

 

 永田の家

 

 久万高原町の家Ⅱ

 

 今在家の家Ⅲ

 

どのお家も 春に完成・お引渡をさせて頂いたので

住み始めて 3ヵ月が経たれた? もしくはそろそろ3ヵ月? の頃ですね

近いうちに「3ヵ月点検」でお伺いすることになるかと思います

その際には

住み心地のほど お聞かせ頂けますことを 楽しみにいたしております^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年07月16日まじめな話| 投稿者:たかおかたかおか
徳丸の家

先月に地鎮祭を行った 松前町 『徳丸の家』

※プラン提示時の最初の模型

 

T様邸は2階建て

 

断熱構成

屋根:300mm(ロックウール60K・100mm×3)

壁:200mm(充填:ロックウール60K・100mm+付加断熱:EPSラムダボード・100mm)

トルネックス(外気清浄器)+DOMEO(第1種熱交換換気)+アメニティエアコン 採用

外部は 外付けブラインド、アウターシェード 一部設置

 

 

今月20日の上棟に向け 基礎工事が進んでいます^^

 

 

基礎断熱 立ち上がり100mm、土間下50mm

配筋検査も終了し

来週には土台敷きになります

 

こちらの現場 私たちが現場へいると よくご近所さんがお声掛けしてくださいます(*^_^*)

 

お家の心地良さも重要ですが

新たな地で ご近所の方が温かく迎え入れてくださる環境

とても有難く 貴重ですね 素敵な場所です♪

 

 

T様、引き続きよろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年07月13日現場レポート| 投稿者:かねこかねこ
新人現場監督やまもとの現場日誌 No.13
~地盤調査 西条市古川の家~

今回は

「地盤調査」についてです!

 

先日、初めて地盤調査に

立ち合わせて頂きました!

 

地盤調査とは・・・・

建物を建てようとしている

土地の性質を知る為に行われる調査です!

 

その土地に建物が建てれるのかが

この調査で知ることが出来ます!

 

方法としては

スウェーデン式サウンディング試験

おっ!聞いたことあると思ったら

大学で学んだ試験方法でした 😀

 

実際に調査を見るのは初めてなので

少しワクワクしながら調査に

立ち合わせて頂きました!

 

調査する装置はこちら!

この画面に深さに応じた地盤の強さが表示されます!

測定するポイントは

建築予定の建物の四隅と中心の

5点が基本になります!


調査が始まりました!

試験の終了条件を満たすまで

ロッドと呼ばれる鉄の棒が付け加え

より深くの地盤を調査していきます!

 

終了条件は

・ある程度の深さまで貫入するまで(深度10m)

・5cm掘り進めるのに半回転数50回以上になったとき

・障害物に当たった場合    などなど

※土地や地盤の状態で条件が変る場合もあります。

 

昨年まで大学で学んでいたことですが、

調べなければ詳細が思い出せませんでした 😯

知っていて損の無い知識なので、復習せねば!! 🙄


途中、お施主様のお父様が

調査を見学しにきて下さりました!

本日の調査が終了です!

後日、報告書が届くので

その結果で工事工程が決まっていきます!

 

建築する上で欠かせない調査となります!

そのような調査中、質問に答えて頂きながら

見学させていただきありがとうございました!

しっかり自分の身にして住宅造りに反映していきたいと思います!

 

 

 

2019年07月12日現場レポート| 投稿者:やまもと ようじやまもと ようじ
久保田の家売却

アーキテクト工房Pure恒例の地引網も終わりそろそろ梅雨明けかと思っていたらまだしばらく先のようですね

 

 

 

 

さて、長い間時間をかけて改修工事をしていた久保田の家ついに完成し売却いたしました♫ 🙂

 

 

以前勤めていた会社で平成4年に建てた自宅です

 

 

当時私は31歳で現場監督をしていました

 

 

前会社のお付き合いのあった不動産業者の分譲地を購入してです

 

 

当時不動産の部長より

 

 

『今度売り出す土地なのだが売り出し前だと少し値引きできるけど買わないか』

 

 

と話を持ちかけられました

 

 

そろそろ家でも建てないとと考えが潜在意識の中のどこかにあったのでしょう

 

 

間口の狭く東西に長い鰻の寝床のような土地資料をもらってですが

 

 

現地の南面は田んぼで日当たりは抜群の土地でした

 

 

その細長い敷地に一晩でプランを作り妻に

 

 

『希望の間取りになるのでここ買おうか?』

 

 

当時深く考えもせずにその土地を購入そして建築

 

 

数年後南側の土地を買い足してウナギの寝床ではなくなりましたが・・・・

 

 

今のアーキテクト工房Pureの建てている性能とは全く違って

 

 

す~か、す~かの建物が完成、当然開口部の窓はアルミサッシのシングルガラス 😯

 

 

おまけに北面の窓は全てガラスルーバーサッシ

 

 

まさに隙間だらけの建物を建てていたのですね

 

 

敷地の関係も有インナーガレージでその上の中2階部分は和室です

 

 

親との2世帯で住んでいてその中2階は親の主寝室です

 

 

引越しが秋だったので家の性能は無くても快適そのものでしたが

 

 

11月になり12月とだんだんと寒くなってきて年明けのある日

 

 

親が

 

 

『この和室に寝ていたら死んでしまいそうだ』

 

 

その当時の建築に当たっては全く気にもしていなかった断熱性能

 

 

和室の下は車庫で外部南、東、北面は外壁そして屋根

 

 

他の部屋と接しているのは西側の1面のみ

 

 

畳の上に布団を敷いていても下からどんどん冷えていきますね

 

 

北の廊下に出るとスカスカのアルミルーバー

 

 

外と変わらないような温度で26年も生活していた久保田の家

 

 

松前パッシブハウス『大間の家』が完成し引越しをしてから

 

 

職人さんの手が取れる時工事にかかって断熱改修工事を行いました

 

 

外壁はすべて撤去し構造用面材を施工して充填断熱+付加断熱

 

 

室内の床・壁・天井・サッシもすべて撤去構造体だけのスケルトンにして

 

 

窓はすべて樹脂ペアガラスに入れ替え

 

 

屋根下200㎜の断熱施工

 

 

当然気密シートの施工も行い高断熱・高気密施工

 

 

合板フローリングが張られていた床は唐松の無垢フローリング

 

 

壁・天井は石膏ボードを張り替えてラウファーザー(紙クロス)施工

 

 

水間周りの設備機器もすべて交換

 

室内を見ると既設のものが見えるのは階段と階段の笠木

 

そして1階のトイレの入り口の枠のみ

 

 

外観はもともとサイディングボード横張りの上に吹付塗装をしていましたが

 

 

1階部分は付加断熱EPS断熱材下地の上に左官塗り壁

 

 

2階部分は付加断熱の上に木板張り

 

 

内観の間取り外観の形はほぼ同じですが仕上げの素材をすべて自然素材の変更

 

 

今、アーキテクト工房Pureが建てている建物のの仕様とほぼ同じです

 

 

 

違うところは若干断熱材の厚みが少し違うくらいです

 

 

 

長い間かかって完成しましたがいよいよ売却となると

 

 

 

私の子供たちが育った建物のが他の人の所有になると中に入れなくなると言う事で

 

 

皆で変わった姿を見に行きました

 

 

 

素敵に変わった建物を見た子供たちがまさかこんなふうに変わるとはと驚いていましたね♪ 🙂

 

 

スカスカの外と変わらない新建材だらけだった家が

 

 

高断熱・高気密住宅と変身し自然素材しか使われていない室内空間

 

この土地・建物のを購入して頂いたUさんどうか自然素材の経年変化を楽しんで頂いて

 

 

 

快適な生活を送ってくださいね♫

 

2019年07月11日まじめな話| 投稿者:高岡高岡
新人現場監督やまもとの現場日誌 No.12
~現場レポート 西条パッシブハウス~

前回に引き続き

現場レポートを行いたいと思います!

 

今回は「西条パッシブハウス」の現場です!

 

先月末に足場が撤去され

外観の全貌が見えるようになりました!

上の写真は、建物の南東方向になります!

南面は塗り壁(ガルデ 仕上げ)で

一部玄関ポーチ上部が板張り(エコウッドトリートメント)となっています!

 

北側は・・・・

全面エコウッドトリートメントが塗布された

板張りとなっています!

 

外装工事が終わり

内装工事が始まっています!

 

キッチンや洗面所のタイルが施工されていました!

そして、現在クロス工事が進行中!

クロス貼る前準備として、

プラスターボードのビス穴や隙間をパテで埋めていきます!

パテが多すぎても少なすぎても

クロスがしわになったり、凹凸が出来てしまうので

慎重にかつ丁寧にパテ処理がされていきます!

壁紙として使用するのはラウファーザー

原料は、紙と木繊維、壁紙も自然素材のものを!

施工してくださるのは、高木さん!

現場に行くたびにクロスのことだけでなく

現場でのアドバイスもしてくださる親切な職人さんです!

ビニールクロスより貼るのは大変だと言いながら、

いつも綺麗に紙クロスを施工してくださいます!

今回もよろしくお願い致します!


最後に、

お休みの合間を縫って

現場見学に来てくださったお施主様

定期的に現場に来ていただいてるとのこと!

さらには差し入れも頂き、お気遣いありがとうございます!

完成に向けて着々と現場は進行中です!

完成まで今しばらくお待ちください!

2019年07月11日現場レポート| 投稿者:やまもと ようじやまもと ようじ
排気型24時間換気システム メンテナンス

私が入社する前のH20年に

建てさせて頂いたOBさまの

お家の訪問させて頂きました。

 

 

訪問の目的は24時間換気のメンテナンスです

当時は3種換気を多く 採用していました。

 

3種換気とは

機械で強制的に排気を行い

自然に給気する方式です

 

給気口には フィルターがあり

年に数回 掃除が必要です。

排気口も同様に掃除が必要になります。

※フィルターはありません。

 

↑↑↑

 

ここまでは、OB様の皆様はご存知かと思います

 

今回 訪問させて頂いたお家は約10年!

そろそろ機械の中の掃除する時期になります

そこで業者さんに依頼して掃除を行わせて

頂きました

 

カバーを開けると10年分の埃が

びっしりとついていました

歯ブラシで埃をとり 掃除機で吸い取るを繰り返し行い

 

ウェスで拭き取る

こんな感じで本来の性能を取り戻すことが

出来ました

掃除が終わると 復旧をして

各部屋の給気口のフィルター交換と

排気口の掃除をして

作業完了です

 

 

お施主様でも出来ないことでは

ないですが業者さんにお願いするほうが

いいかもしれませんね

 

 

 

 

 

2019年07月09日まじめな話| 投稿者:やすんばやすんば
 

有限会社 アーキテクト工房 Pure

〒791-0243 愛媛県松山市平井町甲3-1 【Access Map

089-976-3600/Fax 089-976-3138

info@studiopure.jp

お問合せフォームはコチラ
  • Builders pure
  • House de organic
  • PASSIVEHOUSEJAPAN
PAGE TOP