スマフォサイトを表示

Pure Blog

2019年9月の記事一覧

新人現場監督やまもとの現場日誌 No.21
結露超完全解決セミナーin岡山

今回は岡山で開催された

結露セミナーについてです!

 

○第1

100の失敗に学ぶ結露完全解決

講師:古川 繁宏

(住まい環境プランニング代表)

 

○第2

結露対策のための正しい納まり

講師:古川 繁宏

(住まい環境プランニング代表)

 

○第3

事例から見る施工ポイント

講師:釣本 篤司

(日本住環境株式会社)

 

以上の3部構成で約3時間の

セミナーとなります!


○第1

100の失敗に学ぶ結露完全解決

 

断熱化と気密化の目的は『結露防止』

 

断熱・気密住宅で結露が生じてのは

本末転倒。

 

結露を防ぐには

必要なのは全体のバランス

 

バランスの要素としては

○断熱

○気密

○換気

○冷暖房

 

結露が生じている住宅には、

断熱が欠損していたり、

気密施工が不十分であったり、

換気バランスが悪いなど

4つの要素のバランスの

崩れから発生している事例ばかり。

 

また単一での原因は稀で

例として挙がっていたの一つに

 

建て方時に豪雨にあったが

基礎や構造体を乾燥させないまま

気密施工をしたため

結露が発生しまったとのこと。

 

結露対策には

水分を内部に入れないことはもちろん

この4つのバランスが重要であると知れました。


○第2

結露対策のための正しい納まり

 

基本の断熱構成の理解について

断熱構成は透湿抵抗は、

外側に向かって抵抗の少ないものに

 

これは壁の中の湿気を室内にではなく

外部だけに向けて排出しやすくするために

必要な条件となっています!

 

また

通気層、防風・防水層、断熱層、防湿層など

各層を確実に造り、連続させること重要で

 

各層の性能は、

素材だけ良くても機能は発揮できず

施工によって左右されます!

 


○第3

事例から見る施工ポイント

 

第3部で紹介されていた文献に

R-2000ホーム ビルダーズマニュアル

がありました!

 

初めて聞くマニュアル名

なんだろうと思い話を聞いていくと・・・

 

カナダで作成された

高性能住宅の基準について

書かれたマニュアルとのこと。

 

高性能住宅について

大きく分けて

5つの要素に分けて記述が

されており、内容は

 

ビルディング・エンベロップの設計

 

ビルディング=建物

エンベロップ=直訳すると包むもの、外皮、膜

このマニュアルでは、断熱・気密層

として表現されているとのこと。

 

建物の断熱・気密層の設計が出来ているかどうか。

 

この層の機能を確実に理解していれば

臨機応変に変更は可能であると記されていました。

 

 

正しい設計を行うための基本

 

建物の大きさ、形、配置、間取りは

住宅のエネルギー消費に多く影響を与える。

 

今で言うとパッシブデザインが

この項目にあたります!

 

 

構成材間の相互関係

 

基礎、壁、屋根および窓の各部位に分けて

エンベロップ各構造材間の相互関係を

絶えず把握して施工が必要。

第1部の中でも出てきたように

断熱・気密層は連続であることが重要。

 

エア・バリアの気密性や

ペーパー・リターダーの取付位置、

断熱材の効果的な取り付け方など、

絶えず考慮することが大切と

記されています。

 

エア・クオリティーと換気

 

気密性が高く、

エネルギー効率の高いエンベロップの

設計と施工が行われるように

監督することが

施工者として成功するカギ。

 

また、換気装置の評価・選択を

適切に行い、

取付工事の監督を確実に行うことが

高いエア・クオリティーを得るうえで

重要な問題と記されています。

 

暖房と家庭用温水システム

 

R-2000の施工を首尾よく行うには

イニシャルコストとランニングコストの

バランスの取れた暖房設備

(暖房と家庭用温水システムの両方)の

設計と取付を確実に行わなければならない。

 

 

これから言えるのが

断熱は重要!気密は更に重要!

とのこと。


他にも実例を踏まえた

結露防止対策や失敗例など多々あり、

ただ聞いただけでは

せっかくのセミナーが無駄になってしまうので

自分の知識・実践に

反映できるように

努力していきたいと思います!

 

今回、このようなセミナーに

参加させていただき有難うございました!


最後に今週末に開催を予定している

西条パッシブハウス』についてです!

 

いよいよ完成見学会が近づいてまいりました!

申込はこちらから

『西条パッシブハウス 完成見学会』

 

世界基準の住宅を

ご自身の五感で体験してみてください!

お待ちしております!

 

 

 

2019年09月03日まじめな話| 投稿者:やまもと ようじやまもと ようじ
 

有限会社 アーキテクト工房 Pure

〒791-0243 愛媛県松山市平井町甲3-1 【Access Map

089-976-3600/Fax 089-976-3138

info@studiopure.jp

お問合せフォームはコチラ
  • Builders pure
  • House de organic
  • PASSIVEHOUSEJAPAN
PAGE TOP