スマフォサイトを表示

Pure Blog

記事一覧(新着順)

使用禁止材料

9月もあっという間に半分以上終わりましたね!!

 

今月は一般に言う3連休が2回もありお出かけの予定など計画されていますか?

 

私はお休みを頂いてキャンプを計画しております(2週連続ですが・・・)

 

しかも前半は雨模様??

 

 

 

 

アーキテクト工房Pureの決まり事で使用禁止材料の事を少し書かせて頂きます

 

パッシブハウスの事務所を2012年に建ててから以降の全てのお客様のお家は

 

断熱性能を高めることを目的として外壁の柱の中だけの充填断熱ではなく

柱の外側にも断熱材を付加する施工を行っています

専門用語でいうと付加断熱とか外張断熱とかと言われています

 

屋根の下に入れる断熱材の厚さも現在は300㎜(10cm×3層)を標準とし

 

その他には基礎の外周部と基礎土間コンクリート下にも断熱材を敷き込んで

家全体を断熱材でくるんでいます

 

そして室内側には可変性のある気密シートを施工して全棟気密測定を行い

高気密になっている事を確認しています

 

気密測定は会社設立後の新築住宅はすべて行っていたので

 

新たに取り入れたことではありませんが!!

 

この気密測定の性能値も安定してきて現在では0.2㎝/㎡を軽くクリアーして

 

0.1㎝/㎡を切るような測定結果も沢山出てきています♪(職人さんに感謝です)

 

当然24時間換気システムは計画通りに機能します

 

このように高性能な建物を建てているとそのお家に住まう人だけではなく

 

地球環境にも大きく貢献しているなとすごく感じています

 

そこで5年くらい前から使用する材料で使用禁止としている材料があり

何故使用禁止にしているのかも理由があります

 

 

《使用禁止材料》

外壁材

サイディングボード

 

 

内装材

合板フローリング

既製品巾木・廻り縁・窓枠

塩ビシート既製品室内ドア

ビニールクロス

クッションフロアー

現場発泡断熱材

 

 

基本上記の商品は使用禁止としています

 

 

 

 

外壁材サイディングボードは種類も豊富でいろんな外観にもできます

 

でも長年年数が経って『いい味出てきたね』にはならないですよね!!

 

数年後もしどこかが割れたりすると一部部の修理をする場合でも

 

廃盤になっていて同じ商品有りませんので全面張り替えますか?

 

そんなことにもなりかねませんね

 

 

 

内装材

 

合板フローリングは違いますがその他の商品の原材料は何だと思いますか?

 

そうですすべて石油から作られています

 

皆さんは1日24時間の中で何らかの建物の中でいる時間は何%位ありますか?

 

たとえば、自宅、会社、学校、病院、スーパーマーケット

 

もしかしたら80~90%何らかの建物の中でいませんか?

 

もし90歳まで生きたとして1日90%位何らかの建物の中で暮らしていたとしたら

 

1日24時間約80年間はず~と建物の中にいて

 

外にいるのはたった10年程度しかいないのです

 

大げさな言い方をすると大きな石油製品でできたビニール袋の中で

 

80年間の間ず~と暮らしているのです

 

考えただけでもぞ~っとしませんか?

 

私たち呼吸をする人間が呼吸のできないビニールの中で過ごすより

 

呼吸をしてくれる素材の中で過ごした方がよくないですか?

 

 

あと、現場発泡断熱材について非常に簡単に断熱性能・気密性能も確保できるし

 

どんな形の所にでも発砲できとても施工業者にとっては便利な商品です

 

以前は使っていました(その当時のお客様ごめんなさい)

 

でもよくよく考えると土台、柱、間柱、梁、桁などの木材にこびりついているのです

 

何十年後その建物を解体しなくてはならなくなった場合分別できるのでしょうか?

 

解体後木材は2次製品として使われますが発砲断熱材がこびりついていたら

 

はたしてどうなのでしょうか?

 

又、万が一火災になったとしたら壁の表面だけではなく壁の中まで

 

石油製品を使っていたとしたら当然石油製品はは燃えやすいし燃える時には有毒ガスも出ます

 

石油製品しか選択肢がないのであれば仕方ないかもしれませんが!!

 

多少の金額の違いはあるかも知れませんが

 

出来るだけ呼吸してくれる自然素材を使用したいと思いませんか?

使用禁止にしている理由です

 

 

 

 

冬寒くもなく、夏暑くもないそして住む人にも地球環境にも優しい素材で施工した

 

高性能な建物(パッシブハウス)に住みませんか♪

2019年09月19日まじめな話| 投稿者:高岡高岡
新人現場監督やまもとの現場日誌 No.24
初キャンプin鴨池海岸公園

今回は

初キャンプin鴨池海岸公園』に

ついてです!

 

先日、社長にお誘いをいただき

初めてのキャンプを

経験することになりました!

 

場所は、今治市の

鴨池海岸公園というキャンプ場です!

 

初めてのキャンプ

 

アウトドアな家庭ではなく

今までキャンプはしたことが無かったので、

すごく楽しみにキャンプ場へと向かいました!


↑キャンプ場の様子です!

3連休もあってか

多くの家族がキャンプをしていました!

↑キャンプの様子です!

昼間は風通しがいいタープの中で

夜になると網付きテントの中と

充実した環境が整っていました!

 

また今回

近場のほかのキャンプ地にも

足を運びました!

なんという名のキャンプ場か

忘れましたが、

どこも景色がよく

風が気持ちいいところでした!

 

今回の鴨池海岸公園の

景色もとても良く、

普段味わうことの出来ない

非日常の体験に

心身ともに

リラックスすることが出来ました!

 

写真ではなかなか伝わりにくいですが

風景の写真を何枚か・・・・


最後にキャンプと言えば

外で食べるご飯!

 

皆さん手馴れた様子で

どんどん準備が進んでいきます!

夜は、お肉と炊き込みご飯!

食べるのに集中しすぎて

準備中の写真しかありませんでした(笑)

そして朝食は

ホットサンド!

外で食べるご飯は

格別でした! 🙂

 

今回は、キャンプ道具を貸していただいたので

次回機会がある時までに

装備を整えなくては・・・!!

 

目標は、

自転車でソロキャンプが出来るような

装備を充実させることです!

 

今回、このような体験をさせていただき

有難うございました!

 

 

2019年09月19日遊び| 投稿者:やまもと ようじやまもと ようじ
「手軽さ」のツケは大きいよ

こんにちは

 

以前にアップされていた プラスチックゴミの件

 

今回も 似たようなことですが アップします

 

 

WWFジャパンの「海洋プラスチック問題について」によると

 

海に流れ込む「プラスチック」が世界的な問題になっているとのこと

 

すでに 世界の海にあるプラスチックゴミは1億5,000万トン

 

そこへ 年間800万トンのプラスチックゴミが流れ込んでいる

 

と推定されています

 

 

 

それは ジャンボジェット機5万機相当分のプラスチックゴミ

 

 

 

WWF HPより)

 

流れ込む理由は

 

ポイ捨てであったり

 

置き忘れ!?であったり

 

店頭や路上のごみ箱からあふれ出たものであったり

 

どれにしても 軽量なプラスチックゴミは ふわふわと風に吹かれ

 

最終的には 海へとたどり着く

 

 

その量は 恐ろしいほどですが

 

本当に恐ろしいのは 自然分解されないということ

 

雨・風・紫外線、海岸での波 などにあたり

 

粉々になりつつも 何百年も残り続けるということ

 

海に漂う粉々になったプラスチックは

 

マイクロプラスチック と呼ばれ

 

 

 

(WWF HPより)

 

 

それにより

 

魚たちが傷ついたり

 

間違って食べたり

 

その魚を人間が食べることで

 

人間の体の中にも

 

取り入れられてしまうかもしれないプラスチック

 

 

2050年には 海洋プラスチックゴミの量が海にいる魚を上回る

 

とも予測されています

 

そうなると 海はもう魚たちの棲みかではなくなってしまいます

 

 

プラスチックは  安くて使い捨てできる便利さ により

 

日常生活に幅広く使われていますが

 

その分捨てられる頻度も多くなり

 

分解されないゴミとして蓄積されていきます

 

ペットボトルが自然分解されるには400年もかかるといわれています

 

 

 

   (WWF HPより)

 

 

目先の手軽さ のツケの大きさを思い知らされる数字です

 

個人的には ペットボトル飲料を購入するのは 年に数本ですが

 

この数字をみて 1本たりとも購入したくないな

 

と思いました

 

 

 

モノ作りをする人たちは 作る責任が伴いますが

 

モノを買った人 使った人は

 

買う責任 使う責任 使ったあとの責任が 伴うと思います

 

それをおろそかにすると

 

必ず 自分に帰ってくる と思います

 

 

「繰り返し使える」 「出来るだけ長く使える」

 

もしくは 「自然に還る」

 

ことを意識した モノ選びをしていきたいものですね

 

それが

 

みんなが末長く幸せにいられることに繋がります

 

自分にとっての お気に入り♡ も増えて

 

より豊かな毎日が送れるというものです

2019年09月17日まじめな話| 投稿者:たかおかたかおか
HEAT20 G3

こんにちは

昨夜は十五夜(中秋の名月)でしたね

お月様ご覧になりましたか?

私は朝は覚えていたのですが 夜には忘れていました・・・

秋の夜は 空気も澄んでいるので きっと綺麗なはず

一日遅れですが 今夜 忘れず眺めようと思っています

 

 

さて 今回は先日新建ハウジングさんより届けられたもの

「HEAT20 G3 どう取り組む!?」

弊社代表の高岡のインタビュー記事も掲載されているので

UPしますね

 

 

 

 

そもそも「HEAT20」とは

地球温暖化・エネルギー問題を緩和するため

断熱性能の高い住宅の普及促進に取り組むことを目的とした

研究者、住宅・建材生産者団体の有志の方々によりつくられた

民間の組織です

 

 

HEAT20が定める断熱基準は

G1グレード G2グレード とありましたが

6月 新たにG3グレードが定められました

 

 

 

 

断熱性能を数字で表したものが「UA値」

UA値が低ければ低いほど

その家の断熱性能は優れています

より正確な基準の数値を割り出す為に

外気温や日射量等をふまえて

似たような気候の地域をまとめて

全国を8地域に区分して示されています

 

愛媛は6地域 なので0.26W/㎡K

 

 

また従来 HEAT20が掲げる冬場の室温に関しては

G1グレード:冬場に無暖房の室内で 概ね10℃を下回らない
G2グレード:冬場に無暖房の室内で 概ね13℃を下回らない
そして
G3グレード:冬場に無暖房の室内で 概ね15℃を下回らない

 

アーキテクト工房Pureが造らせて頂いているお家は

年間通して15℃を下まわらないことを目指し

平均UA値0.25~0.26W/㎡Kという数値を実現しています

 

 

 

 

 

断熱性能を高めることで冬の寒さだけではなく

夏の暑さ対策にも大きく貢献してくれます

地球温暖化が進み 今年の夏もハンパない暑さでしたよね

また 家中何処の部屋も一定の温度となり温度差がなくなることで

結露の発生を抑えることにも繋がります

 

 

なにより 毎日 朝から晩まで

ふと目が覚めた夜中までもが 気持ちいいです

お家全体が

柔らかい空気の層を確保してくれているからだと思います

 

 

松前パッシブハウス・大間の家資料

 

断熱したら 気密 そして換気

この三者はセットです

断熱性能が高まることで 気密性能も高まり

換気 さらには 使う素材への意識も高まる

そんないい流れに乗り

より良い家造りへと繋げていけたらいいですね

2019年09月14日まじめな話| 投稿者:たかおかたかおか
House de Oreganic研修

秋の気配がしてきているかと思えば台風の過ぎた後猛暑日となりましたね

 

何時になれば涼しくなるのでしょうか?

 

千葉県の方では大規模な停電が起きているようで

 

被害に合われた皆様にはお見舞い申し上げます

 

 

 

 

 

House de Oreganic研修の為出張してきました

 

今回は茨城県で開催されている『里山住宅博inつくば』の視察と定例会

 

里山住宅博とは全75区画の分譲地に21社の工務店が参加して

 

 

すべてが茨城の木材を使った木の家で23棟が住宅博の対象となっています

 

その1棟にパッシブハウス・ジャパン事務局長の島田材木店さんが出展されており

 

『アトリエのある小さな木の家』です

 

基本設計はパッシブハウス・ジャパン代表理事の森みわ氏が設計

 

 

他の建物では

 

郡司建設さんの建物を堀部安嗣氏設計

 

柴木材店さんの建物を伊礼智氏設計

 

他にも見どころの沢山ある建物が立ち並んでいます

お庭がとても素敵ですね♪

全ての建物の中は見ることができませんでしたが

 

 

見せて頂いた建物の内装の仕上げは

 

 

木材・漆喰・和紙・紙クロスの上に自然塗料

 

 

全て自然素材で仕上げられていましたが

 

 

外壁には残念にもサイディングが使われている建物もあり

 

 

どうせならすべての建物を自然素材を使ったら良いのになと

 

 

なんだかさみしい気持ちにもなってしまいましたが

 

 

それぞれの会社の方針なのでしょうから仕方ないかも・・・

 

 

島田材木店さんの『アトリエのある小さな木の家』は残念ですが

 

 

パッシブハウスの基準にほんの少し届いておりませんでしたが

 

23棟なのかではNO1の高性能な建物になっていました

 

 

設備としては

 

 

外気清浄機(トルネックス)+ゼンダー社の24時間熱交換換気+エアコン一体型

 

で全館空調となっておりました

 

 

この日は台風が過ぎた翌日だったのでものすごい猛暑日となっておりましたが

 

 

どの部屋行っても26℃前後でとても快適

 

 

申し訳ないのですが他の建物を見ては島田さんの建物に帰ってきて涼む

 

 

また出かけて行って他の建物を見て帰るの繰り返し(島田さんごめんなさい)

 

 

この暑さの中だと建物の断熱性能が体感ですぐにわかりますね

 

 

中には2階の窓を開けている建物も有りましたね!!

 

しっかりと里山住宅博の建物を視察した後は東京秋葉原に移動して

 

 

京都大学大学院農学研究科 森林科学専攻 林産加工学分野 准教授

博士(農学) 簗瀬 佳之先生による

 

 

 

『シロアリの基礎知識とその対策について』の公演を聞きました

 

 

以前松山で開催された工務店学校の時に来られていた簗瀬先生に

その時のブログ

 

シロアリの話をどうしてもHouse de Oreganicのメンバーに聞いてもらいたかったので

 

 

今回お願いをして講演をして頂きました

 

以前聞いた話のおさらいにはなるのですが

 

 

何度でも聞いてシロアリの生態を知れば予防・対策が出来ます

 

 

地球循環を考えら場合はシロアリはとても大事な存在

 

 

でも、私たちが住む建物では害虫となってしまいます

 

 

今回の簗瀬先生の話は仲間たちにとっては

 

 

とても良いお話だったのではないでしょうか

 

 

大事な大事な住宅をシロアリの餌とさせたいために万全の施しをいたしましょう!!

 

2019年09月13日まじめな話| 投稿者:高岡高岡
OB様 訪問☆

 

少し前になりますが

二邸 OB様のお家へお邪魔させていただきました。

 


M様邸 お引渡から2年

 

なかなか点検等のタイミングが合わず 私は随分とお久し振りの訪問となりました。

正面は白の塗り壁に、大きな開口の輸入サッシ。

白の中に、玄関ドアと軒天の木の色味が すっきり映えます(*^_^*)

 

立地の関係で 横からの写真が撮れないのが 残念ですが

側面はホワイトのガルバリウム鋼板。

 

真っ白ではなく、ちょっと緑っぽいグレーがかった色味。

塗り壁とガルバの質感の違いもあり、外観は全体的に白の色味ですが

スマートな印象です。

また奥に見えるワンちゃんのための柵も ポストと同じ黄色が ポイントになっています♪

シンプルでスマートな中に 奥様の可愛らしさがうかがえます♡

(※お家の真ん中にテラスがあり、そちらを柵で囲っています)

 

隅々までお手入れされ 玄関ドアも塗装がキレイに ☆

 

ご夫婦の愛着を感じる訪問となりました。

 

 

ご無沙汰過ぎて 私は少し緊張してしまいましたが

変わらずのお二人にお目にかかれ 楽しい時間でした。

 

M様。ありがとうございました♡

 

 


 

H様邸 お引渡しから約1年半

 

 

今治市のH様邸。

お邪魔する度に、ご主人の新たなDIY作品と

奥様の旬のお野菜が増え いつも畑も 拝見させていただいています。

 

今回は ゴーヤのグリーンカーテンが新設

エコウッドトリートメントを塗布した 木部も いいお色になっています。

 

 

広い畑には 旬のお野菜たちがたくさん。

雨水タンクを設置していますが 畑に植栽に大活躍だそうですっ!(追加を検討されていました)

うちでは 成功しないバジルも H様邸では 青々と大きくなっていました (゜o゜) 写真右

 

畑の新顔たちをご紹介してもらっていると

『よかったら どうぞ♪ 』と 摘みたてトマトを差し出してくださるH様。

 

(*^_^*) もちろん、美味しいですっ!

 

 

他にもご主人作のコンポストや (カボチャが新たに中から顔を出しています )

土間にあるご主人の作業スペースには 新たな収納。

 

 

そして 細部まで 丁寧にやすりで整えられた 作品たち。

小さな破片まで 使用され 木も H様のところへやってきて

きっと喜んでいますね☆彡

 

 

H様 ありがとうございました♡

 

 


 

 

 

家は  住まわれている方が  どんな方なのか 感じとれる気がします。

 

二邸とも  とっても穏やかで優しい空気感の お施主様そのものでした(*^_^*)

 

 

 

 

 

OB様それぞれの お家の変化や暮らし方を

こんな風にブログ等でもUPさせていただくことで

参考にしていただければと思います (^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年09月13日まじめな話| 投稿者:かねこかねこ
新人現場監督やまもとの現場日誌 No.23
徳丸の家 気密測定

今回は

徳丸の家の気密測定

ついてです!

 

先日、

徳丸の家にて

気密測定が実施されました!

 

アーキテクト工房Pureでは

気密測定を全棟実施しており、

測定や結果を楽しみにしている

お施主様がたくさんおられます!

今回T様も同席の気密測定となりました!

良い結果が出るかどうかは

測定してみないと分かりませんが、

休場さんや今回大工工事をしてくれている高田さん親子

そして気密施工してくれている寺園さん親子は

良い結果が出るのは当たり前かのように

どっしりと構えて測定を見ていました!

結果は・・・・

 

減圧法

家全体のすき間の面積が12cm2

建物の外皮の延べ床面積が140.66㎡なので

相当すき間面積C値は0.085cm2/㎡

加圧法

家全体のすき間の面積が13cm2

相当すき間面積C値は0.092cm2/㎡

今回も0.1を切る結果なり、

一安心!

 

数値を聞いても驚かない皆さん

それだけ自信を持てる施工を

行っていることを

実感した瞬間でした!

 

 

また家のすき間の面積を

数値を言われても

大きさのイメージがしづらいので

なにかいい例はないかと探してみると・・・

の部分が家全体のすき間の面積)

資格や試験、履歴書などに使用する

証明写真がありました!

(いい例かどうかわからないですが・・・ 😉 )

それほどのすき間しかないということに!

 

 

気密測定の結果が分かったときに

お施主様にこのくらいのすき間でしたと

形にして提示するとイメージがわきやすいのでは

と思い、何かいいアイデアはないかと考え中です 😕


現場もどんどん進行中で

先日外壁のガルバリウムが施工されました!

外部の完成までもう少しですね!


また、

土居町の現場では

外壁工事が終了しました!

主に塗り壁(ガルデ)仕上げとなっており

玄関周りが板張りとなっています!

内部は、

階段が施工され、

木工事は終盤を向かえています!

まだまだ日中は暑さが厳しいので

体調に気をつけて

工事をよろしくお願い致します!

2019年09月12日現場レポート| 投稿者:やまもと ようじやまもと ようじ
お幸せに♡

こんにちは

昨日 西条パッシブハウス(認定申請中)「周布の家」

の完成見学会の様子をアップさせて頂きましたが

その会場での 「幸せ」なお話・・・

 

 

日頃から アーキテクト工房Pureの見学会へ

お越し頂いております お客様K様より

「新婚旅行のお土産です」 と頂きました♪

 

 

 

たしか

旅行先は モルディブ!?

(間違ってたらごめんなさい・・・)

 

象さんの中は

紅茶のようです

ほのかに香りが漂ってきます

 

 

 

 

この缶のデザイン可愛いですね

海外ならでは☆って感じです

飾っておきたいですね

 

 

 仲間も勢ぞろい

 

 

社内の会議や休憩時

紅茶好きの方がみえられた時

などに皆で頂こうと思います

 

まだまだ 外は暑いですが

事務所の中は

 

暑くもなく

エアコンで 足元だけ冷え過ぎることもなく

ジト~っと 嫌な汗をかくこともなく

 

ちょーど良い 室温・湿度に満たされているので

温かい紅茶も美味しく頂けます

ORANGE & CINNAMON

楽しみです

 

私共の方こそ お世話になっておりますのに

このようなお心遣いを頂きまして

ありがとうございます

K様 これからも末永くお幸せに♡

 

 

 

 

 

 

2019年09月10日遊び| 投稿者:たかおかたかおか
西条パッシブハウス(認定申請中)「周布の家」完成見学会 ご来場頂きましてありがとうございました!

こんにちは

残暑厳しい日が続いていますね

今日も快晴です

 

 

さて 連日お伝えしておりました

西条パッシブハウス(認定申請中)「周布の家」完成見学会

無事終了いたしました

 

 

 

ご来場頂きました皆様 誠にありがとうございました

見学会を開催させて頂きましたお施主様K様 ありがとうございました

たくさんの方々にお声がけくださいましたこと 感謝いたしております

 

 

このお家の見どころポイントをいくつか・・・

 

なんといっても 天井まで届く

♦♦♦ 大きな窓 ♦♦♦

 

 

南の窓から さんさんと降り注ぐ太陽のエネルギーの

明かるさを まずは 頂きます

そして 冬場は 暖かさを 頂きます

 

夏の暑い時期は 外付けブラインドに手伝って頂いて

日射をシャットアウトします

 

 

 

外付けブラインドは 東面も西面も取り付けています

 

 

 

お家全体がきっちりたっぷり丁寧に断熱・気密をされているので

室内に一旦確保された 暖かさ 涼しさ は逃げにくく

よって 小さなエネルギー(エアコン一台)で お家の中全体を

快適空間へ導きます

 

どの場所も 温度も湿度も一定だから

元気いっぱいの子供さんに負けることなく

パパやママも フットワーク軽く過ごせます

 

 

♦♦♦ 裏動線のある間取り ♦♦♦

 

玄関入ってリビングへ直行できる 表動線

玄関入って リビングの裏へまわり

納戸やトイレや洗面所などを横切り

 

 

キッチン、リビングへ行ける 裏動線

 

 

目的に合わせて効率よく動けるので助かりますね

 

 

更に 使われている材は主に

♦♦♦ 自然素材 ♦♦♦

 

肌にも目にも やさしいです

このお家では

屋根のガルバリウム鋼板以外は

ほぼ自然に 土に還るもの

ガルバリウム鋼板も年月は係りますが

いずれは土に還るもの

 

 

 

 

快適性を得る為に 周りのモノを犠牲にすることなく

それが遠い未来までも続いていく 家造りは

とても誇りに思えます

 

K様 素敵なお家を造らせて頂きまして 本当にありがとうございました

 

 

 

今回も たくさんの方々の笑顔が拝見できた完成見学会となりました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年09月09日現場レポート| 投稿者:たかおかたかおか
新人現場監督やまもとの現場日誌 No.22
西条パッシブハウス(認定申請中)
『周布の家』完成見学会

今回は

西条パッシブハウス(認定申請中)

『周布の家』完成見学会

1日目の様子をレポートしていきます!

 

9月7、8日と開催される完成見学会。

本日はその1日目となります!

 

昨日から天気が悪く

今日の朝方まで雨が降っていましたが、

完成見学会場に向かうまでに

雨が止み、なんと・・・・

虹が出来てきました!

しかも、虹が反射して出来る

二重の虹が空に架かっていました!

 

 

なかなか見ることの出来ない現象に

感動しつつ、会場へと向かいます!


現場に到着すると

空は晴れ渡り、

見学会日和となりました!

K様 今回完成見学会を

2日間に渡って開催させていただき

有難うございます!

 

多くの方に

高性能住宅やパッシブハウスを

体感していただく貴重な機会なので

より良い見学会になるよう

精一杯努めさせていただきます!


今回も

前回の東垣生パッシブハウス見学会、同様

社長が案内を行っているところを

見学させていただきました!

何をどのように説明しているのか。

自分なりにどう伝えたらいいのか。

ご来場された方が

どういったところに

興味を持たれて

気になっているのか。

観察しながら、

私が案内するときのことを

考えていましたが、

実際して案内してみると

そうそう上手くはいきませんでした 😥

 

まだまだ私自身が

高性能住宅について十分に説明できなかったり、

把握していないことやわからないことなど

多くの課題あるので、

焦らないように

でも早く対応できるよう

精進していきたいと思いました!


ご来場された方の中には

K様のご両親や同僚の方もおられました!

 

日差しが照りつけるなか

足を運んでいただき

有難うございます!

 

また、案内していただいた

K様有難うございます!

皆様

完成したお家を体感して、

満足していただいたようで

なによりです!


無事1日目が終了となりました!

ご来場有難うございます!

 

改めまして、K様

今回完成見学会を開催させていただき、

また差し入れや駐車場へのご配慮まで

本当に有難うございます!

見学会は明日も行われますので

よろしくお願い致します!

ご来場お待ちしております!

 

 

ご来場できなかった方にも

今回のポイントをまとめて

HPにアップしておりますので

是非ご覧ください!

西条パッシブハウス周布の家

SECTION/GALLERY

 

2019年09月07日現場レポート| 投稿者:やまもと ようじやまもと ようじ
OB様より外付けブラインドの日射遮蔽効果のお話聞きました

月に入り朝夕は涼しく感じる時もありますが

 

まだまだ日中が暑いですね

 

台風も次から次と発生して被害が無かったらいいですが心配ですね

 

 

 

 

今回は先日OB様訪問をした時のお客様のお話です

 

訪問させて頂いたのは6月にお引渡しをした

 

東垣生パッシブハウス(認定申請中)のA様宅です

A様宅は1階にご両親、2階にA様がお住まいの2世帯住宅です

 

建物の断熱性能はパッシブハウス(認定申請中)性能なので

 

冷房の効き具合も問題ありませんがアメニティーエアコン1台での

 

全館空調となっていてご両親とA様との体感温度も違うので

 

どうかなと少し心配しておりました

 

奥様にエアコンの温度設定はどのようにしていますかと質問すると

 

引っ越してからず~とドライで連続運転しているとの事

 

光熱費で電気代は12.000円前後

 

給湯で使っているプロパンガス代金は2.000円前後で

 

合わせて14.000円前後との事で決して高くはないですね

 

エアコンの光熱費は3500円~4000円だと思われます

 

オール電化住宅ではないのですが決して高くはありませんね

 

高断熱やはり大事ですね

 

あと、太陽熱温水パネルを設置しているのでガス料金は安く上がっています

 

 

 

 

 

ご主人も奥様も建物の快適性には大満足の様でした

 

1階にお住いのご両親は寒いと言われていませんかとの質問には

 

お父様が少し寒いと言われているとの事ですが

 

お母様は調理をしたり家の事で体を動かすことが多いので

 

特に寒くはないそうです

 

冷たい空気は必ず低い所にたまってくるし

 

暖かい空気は上にたまってくる為

 

若干の温度差1℃前後は1階と2階ではあるようです

 

南面には1、2階共外付けブラインドを設置しているのですが

1階はブラインドを下ろすとエアコンが効きすぎるようで

 

あまり使っていないそうです

 

高齢の方と若い方との温度の感じ方は少し難しいところがありますね

 

着衣料とかで調整してもらうしかないのかな?

 

この外付けブラインド真夏の天気の日は当然日射遮蔽効果を発揮しますが

 

夏の外気温度が高くて曇りの日でも外付けブラインドを下して羽を調整するだけで

 

室温の上がり具合が全然違うと奥様が言われていました

 

南面のサッシはドイツUNILUX社の木製トリプルサッシを入れています

 

ガラスからの日射取得率も52%と取得率が高いわけでもないのですが

 

曇りの日ブラインドを使っていないとガラスの近くによると

 

ガラス面から熱が入ってきていてるがブラインドを下ろしていると

 

ガラス表面からの熱の感じ方が全然違って室温も25~26位になり

 

とても快適だとおっしゃられていました

 

折角つけて頂いた外付けブラインドを上手に使って頂き

 

快適な室内空間を作って頂けたら嬉しいですね

 

 

 

 

 

 

明日より7日~8日と開催する予約制見学会

 

西条パッシブハウス(認定申請中)『周布の家』

 

アメニティーエアコンでの全館空調と

 

外付けブラインドも設置されていますので

是非、ご予約いただいている皆様にはパッシブハウスの

 

快適さを体感して頂きたいですね

 

では、見学会会場でご来場お待ちしております

2019年09月06日まじめな話| 投稿者:高岡高岡
西条パッシブハウス ☆完成見学会開催します!

すでにブログでも何度かUPしていますが

 

9/7(土)、9/8(日)に西条市周布にて 完成見学会を開催いたします!

 

 

 こちらは少し前の社内検査の写真になります。

 

完成状況は ぜひ見学会で ♪

 

 

リビングと続きの 段差のない畳スペース

障子が入るだけで お部屋の印象も変わります^_^

今回のお家 室内は

漆喰塗り紙クロス(ラウファーザ-)+ 塗装(DUBRON)

 

DUBRONは自然から採れる 天然チョークが主成分。

自然塗料なので 人にも環境にも優しく

さらに 透湿性と呼吸性を兼ね備え 永く住む家にも 安心ですね (^○^)

 

質感は ぜひ見学会場で実物をご覧ください!

 

 

 

 

今回の見学会 外構も仕上がっています。

ぜひご参考に ☆

 

目隠しの壁と アプローチ部分には 敷石も ポイントで入っています (*^_^*)

 

 

外壁は 南面は塗り壁がメインですが 側面、北面は板張りになります。

軒天も杉になります

こちらも同じく 杉板にエコウッドトリートメントを塗布していますが

表面の加工が異なるため 色味が若干変わって見えます。

 

 

外観も室内も

質感や 室内の空気環境は 写真では伝わりきらないのが残念です。

 

 

 

ご興味を持って下さった方、お時間のある方  ぜひ一度 ご覧いただければと思います。

 

 

見学会は予約制となっています。

9/8(日)午後~には まだ若干空きがございますので

ぜひ ご参加お待ちしております!

 

西条パッシブハウス 完成見学会 お申込みはこちら

 

 

 

 

2019年09月05日現場レポート| 投稿者:かねこかねこ
新人現場監督やまもとの現場日誌 No.21
結露超完全解決セミナーin岡山

今回は岡山で開催された

結露セミナーについてです!

 

○第1

100の失敗に学ぶ結露完全解決

講師:古川 繁宏

(住まい環境プランニング代表)

 

○第2

結露対策のための正しい納まり

講師:古川 繁宏

(住まい環境プランニング代表)

 

○第3

事例から見る施工ポイント

講師:釣本 篤司

(日本住環境株式会社)

 

以上の3部構成で約3時間の

セミナーとなります!


○第1

100の失敗に学ぶ結露完全解決

 

断熱化と気密化の目的は『結露防止』

 

断熱・気密住宅で結露が生じてのは

本末転倒。

 

結露を防ぐには

必要なのは全体のバランス

 

バランスの要素としては

○断熱

○気密

○換気

○冷暖房

 

結露が生じている住宅には、

断熱が欠損していたり、

気密施工が不十分であったり、

換気バランスが悪いなど

4つの要素のバランスの

崩れから発生している事例ばかり。

 

また単一での原因は稀で

例として挙がっていたの一つに

 

建て方時に豪雨にあったが

基礎や構造体を乾燥させないまま

気密施工をしたため

結露が発生しまったとのこと。

 

結露対策には

水分を内部に入れないことはもちろん

この4つのバランスが重要であると知れました。


○第2

結露対策のための正しい納まり

 

基本の断熱構成の理解について

断熱構成は透湿抵抗は、

外側に向かって抵抗の少ないものに

 

これは壁の中の湿気を室内にではなく

外部だけに向けて排出しやすくするために

必要な条件となっています!

 

また

通気層、防風・防水層、断熱層、防湿層など

各層を確実に造り、連続させること重要で

 

各層の性能は、

素材だけ良くても機能は発揮できず

施工によって左右されます!

 


○第3

事例から見る施工ポイント

 

第3部で紹介されていた文献に

R-2000ホーム ビルダーズマニュアル

がありました!

 

初めて聞くマニュアル名

なんだろうと思い話を聞いていくと・・・

 

カナダで作成された

高性能住宅の基準について

書かれたマニュアルとのこと。

 

高性能住宅について

大きく分けて

5つの要素に分けて記述が

されており、内容は

 

ビルディング・エンベロップの設計

 

ビルディング=建物

エンベロップ=直訳すると包むもの、外皮、膜

このマニュアルでは、断熱・気密層

として表現されているとのこと。

 

建物の断熱・気密層の設計が出来ているかどうか。

 

この層の機能を確実に理解していれば

臨機応変に変更は可能であると記されていました。

 

 

正しい設計を行うための基本

 

建物の大きさ、形、配置、間取りは

住宅のエネルギー消費に多く影響を与える。

 

今で言うとパッシブデザインが

この項目にあたります!

 

 

構成材間の相互関係

 

基礎、壁、屋根および窓の各部位に分けて

エンベロップ各構造材間の相互関係を

絶えず把握して施工が必要。

第1部の中でも出てきたように

断熱・気密層は連続であることが重要。

 

エア・バリアの気密性や

ペーパー・リターダーの取付位置、

断熱材の効果的な取り付け方など、

絶えず考慮することが大切と

記されています。

 

エア・クオリティーと換気

 

気密性が高く、

エネルギー効率の高いエンベロップの

設計と施工が行われるように

監督することが

施工者として成功するカギ。

 

また、換気装置の評価・選択を

適切に行い、

取付工事の監督を確実に行うことが

高いエア・クオリティーを得るうえで

重要な問題と記されています。

 

暖房と家庭用温水システム

 

R-2000の施工を首尾よく行うには

イニシャルコストとランニングコストの

バランスの取れた暖房設備

(暖房と家庭用温水システムの両方)の

設計と取付を確実に行わなければならない。

 

 

これから言えるのが

断熱は重要!気密は更に重要!

とのこと。


他にも実例を踏まえた

結露防止対策や失敗例など多々あり、

ただ聞いただけでは

せっかくのセミナーが無駄になってしまうので

自分の知識・実践に

反映できるように

努力していきたいと思います!

 

今回、このようなセミナーに

参加させていただき有難うございました!


最後に今週末に開催を予定している

西条パッシブハウス』についてです!

 

いよいよ完成見学会が近づいてまいりました!

申込はこちらから

『西条パッシブハウス 完成見学会』

 

世界基準の住宅を

ご自身の五感で体験してみてください!

お待ちしております!

 

 

 

2019年09月03日まじめな話| 投稿者:やまもと ようじやまもと ようじ
お茶うけは♪

こんにちは 早いもので9月ですね

 

夏の疲れが少しずつ出やすい頃ですので

 

お気を付け下さい

 

 

さて 幾つになっても 誰でも

 

「おやつの時間」は楽しいものです

 

 

コチラは♪

 

 

先日ご契約頂きまして

 

今回は「色決め」のお打合せにお越し頂いたY様より

 

「お茶うけにどうぞ」と頂いたお菓子です

 

 

 

綺麗な緑

 

程よい甘さと

 

爽やかな抹茶の香りが 口の中に広がります

 

 

おかげで しっかりとリフレッシュできました

 

ごちそうさまでした

 

 

 

Y様のお家の完成予定は来年の春頃

 

季節の良い頃 入居されて

 

暑い夏がきても そのまま快適にお過ごし頂き

 

秋になり 寒い冬が 訪れても

 

室内は 夏ファッションのまま

 

「短パン・Tシャツ」でお過ごし頂けるお家

 

 

Y様 是非とも お楽しみにして頂けましたらと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年09月02日遊び| 投稿者:たかおかたかおか
岡山県でセミナー

先日、日本住環境株式会社様が主催する

セミナーに参加させて頂きました

 

 

講師の先生は

住まい環境プランニングの古川代表

お題は【100の失敗に学ぶ結露完全解決の解説】

 

 

実務者の私たちにとっては

成功事例も大切ですが

失敗事例も同じくらい大切です

※セミナー中の撮影はご遠慮下さいとのことでした…

 

 

古川さんのお話の中に

断熱・気密は連続されていることが重要

そのことについては私を含め

業者さんも理解して施工してくれています

一緒に来ていた寺園さんは

当たり前のことを言ってるやんと

言っていましたが…

世間では残念ながらまだまだなのかもしれません

 

私もアーキテクト工房Pureで働いていなければ

知らない知識が沢山あったと思います(汗)

 

 

 

もう一つのお話の中に

今まで高断熱・高気密に

住んでいなかった方たちが

換気の大切さ・日射遮蔽や取得の重要さなどなど

きちんと理解して頂くように

私達が努力しなければいけないと

 

 

改めて説明の大切さを感じました

 

 

冬に24時間換気を止めると

結露を発生されるリスクが凄く高くなります

 

 

 

また、夏に日射を沢山とりこむと

能力の高くないエアコンで部屋の温度を安定させる

ことが難しくなります

 

※家の性能が高くなると能力の高くないエアコンでも十分な

室温環境がつくれます

 

その前にエアコンは連続運転が

理想です

 

 

2時間半のお話の中に

知っていたこと

知らなかったこと

知っているけど出来ていないこと

このことを自分なりに頭の中で整理

実務に活かせるようにしていきたいと思います

 

 

いよいよ、今週末に西条パッシブハウスの

完成見学会になります

高断熱・高気密の家の住まい方も

お伝え出来たらと思っています

 

ご予約はこちらからお願い致します

西条パッシブハウス完成見学会 詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年09月02日現場レポート| 投稿者:やすんばやすんば
 

有限会社 アーキテクト工房 Pure

〒791-0243 愛媛県松山市平井町甲3-1 【Access Map

089-976-3600/Fax 089-976-3138

info@studiopure.jp

お問合せフォームはコチラ
  • Builders pure
  • House de organic
  • PASSIVEHOUSEJAPAN
PAGE TOP