スマフォサイトを表示

Pure Blog

現場レポートの記事一覧

新人現場監督やまもとの現場日誌 No.18
~西条パッシブハウス 完成見学会~

今回は

すでにHP休場さんのブログ

情報がアップされている

西条パッシブハウス 完成見学会」に

ついてです!

 

2019年9月7日(土),8日(日)

完成見学会が行われることになりました!

(詳しい情報はこちらから)

 

 

 

入社した当初は、高性能住宅について

知識があまりにもなく、

ましてやパッシブハウスと聞いても

ただ漠然と世界基準の家と思っていました・・・

 

それが

現場視察や

構造見学会、

passive house japan四国支部勉強会

などのイベントや現場での経験から、

これ以上ないと思える住宅について

学べていることを今実感してます!


すべてが初めて経験することばかりの

西条パッシブハウス

 

基礎工事から始まり

○上棟

○サッシ取付

○充填断熱の施工

○気密シートの施工

○付加断熱の施工

○ラウファーザー(紙クロス)の施工

など

高断熱・高気密+デザイン+自然素材の

高性能住宅が造られていく過程を

見て聞いて体感してきました!

 


現在

内部は左官さんによる漆喰仕上げが

外部は

外構工事が着々と進行中です!

暑い日が続いていますので

無理せず、体調に気をつけて

工事をお願い致します 🙂


新たなパッシブハウスの

完成までもう少しです!

完成した住宅を

是非ご自身で体感してみてください!

 

完成見学会は予約制となっておりますので

HPまたはお電話より申し込みよろしくお願い致します!

(申し込みの方はこちらから)

 

 

2019年08月08日現場レポート| 投稿者:やまもと ようじやまもと ようじ
西条パッシブハウス 完成見学会を開催します

9月7日(土)・8日(日)

2日間で完成見学会を開催します。

パッシブハウスクラスの性能は弊社でも

何棟も建てさせて頂いてますが

パッシブハウスの認定を受ける物件は

まだまだ、少ないです

 

今回はその数少ないパッシブハウスを生で見学できる

貴重な見学会となっています

 

 

見どころも沢山ありますが

1番に目を引くのは 南面のアルミクラットの木製窓かと

大開口の窓から冬場に沢山の日射を入れてくれます

現在、外構の工事  真っ最中で全貌が分からなくて

すいません…

 

 

内装材にも拘り

出来る限り自然素材を使っています

ラウファーザー(紙クロス)の上にデュブロン(天然水性塗料)を

塗装し 漆喰とは少し違う 言葉で表現が難しいですが

マットで落ち着きのある仕上がりになっています。

   

温湿度の体感だけではなく

使う素材にも拘りをもったお家です

 

 

まだ、少し先にはなりますが

予約制ですのでお早めに

お申し込みをお願い致します

西条パッシブハウス 予約はこちらへ

2019年08月05日現場レポート| 投稿者:やすんばやすんば
温暖な愛媛でも付加断熱は必要

弊社は標準仕様で

付加断熱を取り入れています

充填断熱だけでは

構造体(柱や桁など)部分が

熱橋となってしまい外気の影響を

受けやすく…

冬に外部からサーモカメラで見てみると

構造体がはっきりと浮き上がるほどです

 

施工の手順は↓↓↓

防水処理をされた外壁に

専用のボンドで圧着貼りをしていきます

隙間が出来るだけないように

窓以外の外壁を断熱材で包み込みます

このように充填断熱+付加断熱(外張り断熱)を

行うことで外気の温度変化に影響しにくい

お家になっています

 

 

弊社は世界基準を意識して

高性能住宅を建てさせて頂いております

ただ、日本でも何年か先には

きちんとした性能に対する基準(義務)が

出来てくると思います

その時に

「あの時、きちんと考えて家を造ればよかった…」と

思わないように今から近い将来のことも

考えた家造りをしてもらえたらと思います

 

 

 

 

 

 

 

2019年08月02日現場レポート| 投稿者:やすんばやすんば
新人現場監督やまもとの現場日誌 No.15
~豊岡町の家 気密測定~

今回は

豊岡町の家の気密測定」についてです!

 

入社してから一度

気密測定が行われる現場があったのですが、

タイミングが合わず立ち会うことが出来ませんでした 😥

 

しかし、アーキテクト工房Pureでは、

全棟気密測定が実施されているので

すぐに次の機会が訪れ、

先日豊岡町の現場で気密測定があり、

立ち会うことが出来ました!

 

入社する前もしてからも

Pure Blogで気密測定の投稿を見ていたので

期待に胸を膨らませ、現場へと向かいました!


測定は、お施主さま立会いの下

実施されました!

測定前に気密測定士の森田さんから

説明が行われます!

 

お施主さまと共に私も説明を聞き、

気密測定について学ばせていただきました!

 

気密測定で検出できるのは

C値(シーチ)と言われる相当すき間面積。

お家にどれだけのすき間があるかを

知ることが出来ます!

(引用資料:http://mudanreibou.jp/about02.html)

日本の基準として、

愛媛県の場合、地域Ⅳ二分類されており

C値=5cm2/㎡以下と定められています!

個人的にこの数値だけでは、わかりづらい、、、、

 

延べ床面積が100㎡(30.25坪)の建物でC値が5cm2/㎡だと・・・

家全体のすき間の面積は・・・500cm2

500cm2に近いものを調べてみると・・・・

 

・B5サイズの用紙(467.74cm2

(学校の教科書やジャンプなどの漫画雑誌などが一般的にB5サイズとなっています!)

実際すき間は、一箇所には集まってはいませんが

これだけのすき間があると思うと驚きですね 😯


測定方法には、

【減圧法】・・・室内の空気を屋外に出して、室内を減圧して外気がすき間から入ってくるようにする方法

 

 

【加圧法】・・・外気を室内に送り込み、室内を空気で満たしてすき間から空気を出るようにする方法

の2つがあります!

 

下の写真の測定器で気密測定が行われます!

【減圧法時】

【加圧法時】

気密測定結果

【減圧法】

建物外皮の実質延べ床面積S=137.28m2

総相当すき間面積αA=12cm2

 

相当すき間面積C=αA÷S=12cm2÷137.28m20.087cm2/㎡

【加圧法】

建物外皮の実質延べ床面積S=137.28m2

総相当すき間面積αA=16cm2

相当すき間面積C=αA÷S=16cm2÷137.28m20.12cm2/㎡

 

アーキテクト工房PureのC値の基準は

0.2cm2/㎡以下なので、無事クリアです!

 

家全体のすき間は14cm2ということに!

基準のすき間面積と比較してみると・・・

※写真は対比なので、実際の面積とは異なります!

(実寸法 :31.11cm×22.00cm/:4.45×3.15cm)

これだけしかすき間がないということは、

超高気密とでもいいましょうか(適当な言葉が今の自分には思いつきませんでした 🙄 )

これはPureの家づくりのポイント1つ

確かな施工力がなせることですね!

良い結果が出て一安心です 😀


気密の勉強をしているといろいろな疑問が出てきて、とても楽しいです!

今、お客様に近い疑問を抱いているので、同じ目線になって、気密に限らず家づくりについて伝えられるのか模索していきたいと思います!

 

2019年07月23日現場レポート| 投稿者:やまもと ようじやまもと ようじ
新人現場監督やまもとの現場日誌 No.14
~豊岡町の家 現場視察~

今回は

豊岡町の家 現場視察」についてです!

 

本日、土居町の家に

香川よりハウスプロジェクトの代表 鹿庭さんをはじめとする3名の方が視察に来られました!

 

きっかけは今月の始めに高松で開催された

建築夜会とのことで、

懇親会にて現場見学の話が出たそうです!

(建築夜会の様子はこちら←)


今回は

気密シートの施工現場の視察となります!

香川県からわざわざ足を運んで下さるので

ただ気密シートが施工された現場を見るのではなく、

是非、実際の施工も見ていただけるように

寺園さんによる実演も行われました!

窓周りなど細部のシートの納まりや

使用している資材についてなど

意見交換が行われていました!

 

【気密シート施工の様子】

丁寧にしわなく気密シートが施工されていきます!

実戦形式での

気密シートの施工ありがとうございました!


実演後も

気密シートの施工以外にも

断熱仕様や換気システム、空調設備などについての意見交換が行われていました!

家づくりに対しての意見交換は、

私にとって非常に勉強になることなので、

こういった場をつくっていただいた

社長ありがとうございます!

最後になりましたが、

今回香川県からお越しいただきありがとうございました!

 

私は地元が香川県なので

またご縁があればよろしくお願い致します!

 

2019年07月18日現場レポート| 投稿者:やまもと ようじやまもと ようじ
徳丸の家

先月に地鎮祭を行った 松前町 『徳丸の家』

※プラン提示時の最初の模型

 

T様邸は2階建て

 

断熱構成

屋根:300mm(ロックウール60K・100mm×3)

壁:200mm(充填:ロックウール60K・100mm+付加断熱:EPSラムダボード・100mm)

トルネックス(外気清浄器)+DOMEO(第1種熱交換換気)+アメニティエアコン 採用

外部は 外付けブラインド、アウターシェード 一部設置

 

 

今月20日の上棟に向け 基礎工事が進んでいます^^

 

 

基礎断熱 立ち上がり100mm、土間下50mm

配筋検査も終了し

来週には土台敷きになります

 

こちらの現場 私たちが現場へいると よくご近所さんがお声掛けしてくださいます(*^_^*)

 

お家の心地良さも重要ですが

新たな地で ご近所の方が温かく迎え入れてくださる環境

とても有難く 貴重ですね 素敵な場所です♪

 

 

T様、引き続きよろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年07月13日現場レポート| 投稿者:かねこかねこ
新人現場監督やまもとの現場日誌 No.13
~地盤調査 西条市古川の家~

今回は

「地盤調査」についてです!

 

先日、初めて地盤調査に

立ち合わせて頂きました!

 

地盤調査とは・・・・

建物を建てようとしている

土地の性質を知る為に行われる調査です!

 

その土地に建物が建てれるのかが

この調査で知ることが出来ます!

 

方法としては

スウェーデン式サウンディング試験

おっ!聞いたことあると思ったら

大学で学んだ試験方法でした 😀

 

実際に調査を見るのは初めてなので

少しワクワクしながら調査に

立ち合わせて頂きました!

 

調査する装置はこちら!

この画面に深さに応じた地盤の強さが表示されます!

測定するポイントは

建築予定の建物の四隅と中心の

5点が基本になります!


調査が始まりました!

試験の終了条件を満たすまで

ロッドと呼ばれる鉄の棒が付け加え

より深くの地盤を調査していきます!

 

終了条件は

・ある程度の深さまで貫入するまで(深度10m)

・5cm掘り進めるのに半回転数50回以上になったとき

・障害物に当たった場合    などなど

※土地や地盤の状態で条件が変る場合もあります。

 

昨年まで大学で学んでいたことですが、

調べなければ詳細が思い出せませんでした 😯

知っていて損の無い知識なので、復習せねば!! 🙄


途中、お施主様のお父様が

調査を見学しにきて下さりました!

本日の調査が終了です!

後日、報告書が届くので

その結果で工事工程が決まっていきます!

 

建築する上で欠かせない調査となります!

そのような調査中、質問に答えて頂きながら

見学させていただきありがとうございました!

しっかり自分の身にして住宅造りに反映していきたいと思います!

 

 

 

2019年07月12日現場レポート| 投稿者:やまもと ようじやまもと ようじ
新人現場監督やまもとの現場日誌 No.12
~現場レポート 西条パッシブハウス~

前回に引き続き

現場レポートを行いたいと思います!

 

今回は「西条パッシブハウス」の現場です!

 

先月末に足場が撤去され

外観の全貌が見えるようになりました!

上の写真は、建物の南東方向になります!

南面は塗り壁(ガルデ 仕上げ)で

一部玄関ポーチ上部が板張り(エコウッドトリートメント)となっています!

 

北側は・・・・

全面エコウッドトリートメントが塗布された

板張りとなっています!

 

外装工事が終わり

内装工事が始まっています!

 

キッチンや洗面所のタイルが施工されていました!

そして、現在クロス工事が進行中!

クロス貼る前準備として、

プラスターボードのビス穴や隙間をパテで埋めていきます!

パテが多すぎても少なすぎても

クロスがしわになったり、凹凸が出来てしまうので

慎重にかつ丁寧にパテ処理がされていきます!

壁紙として使用するのはラウファーザー

原料は、紙と木繊維、壁紙も自然素材のものを!

施工してくださるのは、高木さん!

現場に行くたびにクロスのことだけでなく

現場でのアドバイスもしてくださる親切な職人さんです!

ビニールクロスより貼るのは大変だと言いながら、

いつも綺麗に紙クロスを施工してくださいます!

今回もよろしくお願い致します!


最後に、

お休みの合間を縫って

現場見学に来てくださったお施主様

定期的に現場に来ていただいてるとのこと!

さらには差し入れも頂き、お気遣いありがとうございます!

完成に向けて着々と現場は進行中です!

完成まで今しばらくお待ちください!

2019年07月11日現場レポート| 投稿者:やまもと ようじやまもと ようじ
新人現場監督やまもとの現場日誌 No.11
~現場レポート 豊岡町の家~

今回は

四国中央市土居町の現場レポートです!

 

先月、上棟が行われた現場です!

今月に入って

充填断熱・気密シートの施工が始まっています!

 

寺園さん親子と大工の榎本さん

3人で屋根の充填断熱300mmのロックウール

施工が行われています!

採寸して、寸法をキッチリ合わせて

垂木の間に填めていきます!

隙間無くキッチリと施工されています!

 

同時に気密シートの施工も!

貫通部や気密シートの繋ぎ目は

気密テープで隙間を無くしていきます!

何度見ても

しわや歪みのない気密シートには感動です!

この施工の丁寧さ・綺麗さが

高性能へと繋がっていると実感できます!

現場は着々と進行中です!

 

見えるところを綺麗にしたり、

丁寧にしなければと思いますが、

手抜きが出来てしまう

完成していた後では見えなくなる所に

力を注げることは素晴らしい事だと思います!

 

見えない所に対しての気遣いが

お客様への信頼にも繋がり、

住宅を造る上でも

必要不可欠なように思います!

 

 

 

2019年07月06日現場レポート| 投稿者:やまもと ようじやまもと ようじ
四国中央市 基礎屋さんの気遣い

先日、上棟を行わせもらった

四国中央市の基礎断熱が…

遠方ということで

今回の基礎工事は

数年前に基礎工事をお願いした

大西工業さんに依頼をしました

施工状況を確認すると

驚かせられました(汗)

弊社は断熱に拘りが強く

現状でも高いレベルで施工が出来ていると

思っていました

ただ

少しの気遣いで同じ施工精度でも

驚くほど高く感じました(汗汗)

 

ここまでは 私もよく見る作業風景です

ここからが 驚きです

 

 

 

断熱材が白いまま 土汚れが一切ありません。

2日~3日後には コンクリートで隠れるにもかかわらず

ここの職人さんは…凄い気遣いです

私に足りない部分だからこそ驚かせれたのかもしれません

お手本となる基礎断熱施工を

実績2件目の基礎屋さんに見せて

頂きました。

大西工業さん 本当に素晴らしい施工

ありがとうございました。

2019年06月27日現場レポート| 投稿者:やすんばやすんば
新人現場監督やまもとの現場日誌 No.8
~四国中央市豊岡の家 上棟~

今回は

「四国中央市豊岡の家 上棟」

についてです!

 

先日、四国中央市の現場で

上棟が行われました!

 

今回で二度目となる上棟

 

前回は大工さんの作業を

見ていただけだったので、

今回は自分なりに出来ることを考え、

行動するように心がけました!


当日は、心配していた雨も降らず

曇り空で大工さんたちにとって

作業のしやすい天候に恵まれました!

 

上棟前の様子です!

ここから1日で屋根まで一気に

軸組みが完成します!

出来上がりが楽しみです!

写真を撮り忘れたのですが、

上棟前には施主様と

お酒と塩で四方を清めていきました!

 

その後、朝礼を行い

施主様から御挨拶を頂きました!

事故や怪我を無いように1日よろしくお願い致します!


上棟が始まりました!

この材料たちが今日一日で

組み上げられていきます!

まずは、柱から

私が材料を搬入しているうちに

柱がすべて組まれていました!

そして、梁(はり)・登り梁と次々に進行していきます!

一部には

構造材を見せるデザインとして

壁の中に隠れない化粧梁・柱があります!

上棟中は材料や人の出入りが多いので養生をして

傷つけないように慎重に作業が進められます!


10時の休憩時間になると

施主様と施主様のご両親から

飲み物やお菓子などの差し入れを

いただきました!

お心遣いありがとうございます!

皆さんと一緒に美味しくいただきました!


作業再開です!

小屋束、母屋、垂木と

見る見るうちに進行していきます!

そして気づけばお昼時に・・・

家が出来上がっていく様子を見ていると

感動でお腹が減っていることに

気が付きませんでした(笑)

 

お昼は「レストプラザ イエスタデイ」の

お弁当をいただきました!

空腹のお腹にはぴったりのお弁当です!

大変美味しくいただきました!

これで午後からの作業も

全力で行うことが出来ます!


午後には

垂木が施工し終わり

遮熱シート、野地板と

壁面のダイライトの施工となりました!

あっというまに1日が終了です!

皆さんお疲れ様でした!

最後に、終礼を行いました!

施主様から労いの言葉に加え、

御祝儀までいただき、ありがとうございますm(_ _ )m

最後になりましたが、

Y様 上棟おめでとうございます!

快適な高性能住宅の完成に向けて

新たに大きな一歩を踏み出しました!

 

完成までいましばらくありますので、

これからもよろしくお願い致します!

2019年06月25日現場レポート| 投稿者:やまもと ようじやまもと ようじ
新人現場監督やまもとの現場日誌 No.6
~東垣生パッシブハウス お引渡し~

今回は『お引渡し』についてです!

 

先日、東垣生パッシブハウスの

お引渡しが行われました!

 

まず、お引渡し時に行われるのは、

各種設備の取扱説明です!

業者さんによって

1つ1つ説明が行われます!

 

始めは、水周りの設備関係についてです!

 

 

使用上の注意事項や清掃方法・周期などが

説明されていました!

私も説明に同行させていただき、

メンテナンス方法を学びました!

続いて、軟水器やガス設備の説明も行われ

業者さんによる説明は終了しました!


次は、社長と休場さんによる

全館空調

24時間換気

外気清浄機

外付けブラインドの説明です!

高性能住宅を最大限に活かす為には

必要不可欠の設備となるので、

使用方法やメンテナンス方法について

念入りに説明が行われます!

特にこれらの設備の説明は

いずれ私が行うときがくるかもしれないので

社長や休場さんの話を聞き逃さないように・・・

 

また3ヶ月点検時には、

お施主様にメンテナンス方法の

レクチャーをさせていただくので

しっかりと手順を覚えて挑みたいと思います!


そしてお引渡しの瞬間です!

鍵をお渡しして、お引渡を終えました!

 

最後になりましたが、A様おめでとうございます!

パッシブハウスがもたらす心身ともに

快適な生活をお楽しみください!

 

今後メンテナンス等でお会いする際に、

住み心地などをお聞きできたらと思っています!

これからもよろしくお願い致します!

 

 

2019年06月21日現場レポート| 投稿者:やまもと ようじやまもと ようじ
四国中央市☆本日土台敷き

 

先月、地鎮祭を終えた 四国中央市のY様邸

令和になり、第1号のご契約となったY様邸

いよいよ来週、上棟になります!

建前も『令和 第1号』ですね☆彡

 

Y様邸は 平屋。

(↓ こちらは模型写真になりますが)

外壁は 塗り壁と板張りの落ち着いた外観になります

そして

こちらの現場、とっても気持ちのいい場所です^_^

 

北側の田んぼから少し離れたところには列車が通り

(近すぎず遠すぎず、いい距離で眺められます)

 

更に、線路の向こうには 海が見え のどかな風景 ♡

写真では 分かり難いのが残念です…(@_@)

いつも現場に行った際に

列車と海を一緒に 写真におさめたいところなのですが

音が聞こえてからだと もちろん間に合わず…(*_*)

 

 

南側は 山々が見え どちらを向いても 気持ちがいいです!

 

今日は現場で 上棟に向けて大工さんが土台敷きをしてくれています

 

 

 

令和第1号の上棟、いいお天気となりますように ☆彡

2019年06月20日現場レポート| 投稿者:かねこかねこ
新人現場監督やまもとの現場日誌 No.5
~PASSIVE HOUSE JAPAN四国支部勉強会~

今回は『PASSIVE HOUSE JAPAN四国支部勉強会』についてです!

 

すでに社長と休場さんが勉強会について

アップしていただいていますが、

自分なりに勉強会で

体験したことを綴っていこうと思います!

 

率直な感想だと、

何について話しているのか

ほとんど分かりません・・・

皆さん話してる内容を

忘れないように必死にメモを、、

社長が説明している内容はもちろんのこと

色々な方の話に聞き耳をたて

情報を取り入れようとしました!


懇親会でも皆さん

パッシブハウスについての話が尽きません!

私が座らせていただいた席には鳥取県職員がおり、

条例の基準をどうするかといった話が交わされていました!

G1、G2、パッシブハウス・・・・

基準のグレード分けに

私は話には入ることが出来ませんでしたが、

理解できるように必死でした(汗)

基準の指標として

UA値、C値、Q値の

3つを設けようとしていると・・・

しかし、C値、Q値だけでいいのではいう意見が!

なんでだろう、また新たな疑問が出てきました。

途中、席も移動させていただき

色々な方と交流することができました!

皆さんとても親切で、

アドバイスをたくさんいただきました!

ありがとうございます!

二次会は社長行きつけのヤーマン33へ!

ここでは、社長と神崎さんの間のカウンター席に!

なんと、神埼さんはブログを毎日投稿されているとのこと!

ブログの役割、目的を持って書いているか、

ブログは自分のためにかいているもの、など

ブログへの心構えを説いていただきました!

貴重な話をありがとうございます!

これからブログに反映していければと思います!


今回の勉強会を経て、

知識がないことは恐怖でもありますが、

知らないことを

知れる楽しさもあることが分かりました!

 

分からないことを分からないままにすることが

なによりも恐れること、、、

それを自分が理解するまで

追及できるかが重要だと感じました!

 

まだなにから学んでいけばいいか

入り口がつかめずにいますが

焦らず自分のペースで進んでいこうと思います!

 

 

2019年06月15日現場レポート| 投稿者:やまもと ようじやまもと ようじ
新人現場監督やまもとの現場日誌 No.4
~『松前町の家』地鎮祭~

今回は『地鎮祭』についてです!

 

先日松前町の現場にて地鎮祭が執り行われました!

2度目となる地鎮祭、前回の経験を活かして

自分に出来る準備を確実に出来るよう心がけました!

準備完了です!

地鎮祭が始まります!


主にお施主様が参加するのは

・地鎮の儀

・玉串奉奠   となります!

お施主様にとって人生で一度できるかできないかの経験

そう考えると、見ているだけ自分が緊張して手に汗を握っていました(笑)

 

【地鎮の儀】

○鍬入れ(くわいれ)

「エイっ、エイっ、エイっ」という掛け声と共に

三回鍬で盛り砂に入れていきます!

 

○鋤入れ(すきいれ)

社長が力強い掛け声と共に

鋤入れを行います!

 

【玉串奉奠(たまぐしほうてん】

まず始めにお施主さんが、神主さんのご指導の下

玉串を神前に納めていきます!

続いてお施主様の家族が行います!

その他の儀式も問題なく執り行われ、

無事地鎮祭が終了しました!


地鎮祭後に、参列していただいた業者さんのご挨拶が行われます!

顔も知らない人につくってもらうのと、知っている人につくってもらうでは

安心感が違うように思いました!

新たに高性能住宅が築かれようとしています!

お施主様が安心して快適に過ごすことのできる住宅が完成するように

出来るサポートはしっかりしていきたいと思います!

 

最後になりましたが、T様おめでとうございます!!

今後ともよろしくお願い致します!

 

 

 

2019年06月14日現場レポート| 投稿者:やまもと ようじやまもと ようじ
 

有限会社 アーキテクト工房 Pure

〒791-0243 愛媛県松山市平井町甲3-1 【Access Map

089-976-3600/Fax 089-976-3138

info@studiopure.jp

お問合せフォームはコチラ
  • Builders pure
  • House de organic
  • PASSIVEHOUSEJAPAN
PAGE TOP