Pureからのお知らせInformation

  • トップ › 
  • Pureからのお知らせ

お知らせ一覧

パッシブハウス 〜大間の家 上棟☆〜

先日、28日は“松前パッシブハウス”の棟上げ。
気持ちのいいお天気でしたが、なかなかの日差し・・(*_*)
そんな中、手際よくどんどん大工さんが作業を進めていきます☆
null
null
null
こちらは9/25のブログの続きになります。
トリプルでシロアリの侵入を防ぐためのウレタン施工写真。
null
null
土台手前に見える、オレンジっぽいフワフワが発泡性の防蟻用ウレタンです。
(あふれた余分なところは、乾いてからカット。)
噴射すると、空気中の湿気と反応し膨張し、でこぼこした隙間も塞ぎます。
これでシロアリの侵入をトリプル<コーキング+コーキング+ウレタン>で防ぎます!
null
null
null
屋根は、野地板といわれる合板+アスファルトルーフィング
(雨水の侵入を防ぐための、フェルトにアスファルトを染み込ませた防水紙)を敷き、
あとは雨除けのブルーシートで覆い、上棟の日を終えました。
シロアリ対策はもちろん、高性能な家造りは気密も大切。
これから断熱材やサッシの施工に入ります。
パッシブハウスならではの見どころポイントを
勉強しつつUPしていきますね(^―^)☆
かねこ

2015年10月1日
松前パッシブハウス

こんにちは
快晴の日が続いていますね
さてさて 先日お伝えしたとおり
松前大間 アーキテクト工房Pure3棟目の
パッシブハウスが上棟いたしました!
秋晴れの青空のもと
とても暑い中ではありましたが 
大工さんの 丁寧でキビキビとした見事な連携プレーは
さすがですね
ついつい見とれてしまいました
大工さん レッカーさん 本当に大変お疲れさまでした 
現場の様子 これからも どんどんアップしていきますので
ご期待ください
null
さわやかなグリーンのシートが目印ですよ☆
たかおか

2015年9月29日
松前パッシブハウス

こんにちは
今日は 良いお天気ですね
空が青くて とっても綺麗です
松前町大間の現場周辺は 稲刈りが進み
景色が変わりつつあります
20150927-043 .JPG
さて 肝心の現場は?というと
大工さんによる 土台敷きも終えて
足場も設置されて
いよいよ 明日 上棟の日を迎えます☆
20150927-040 .JPG
アーキテクト工房Pureにとりまして
3棟目となりますパッシブハウス!
お天気も心配なさそうなので
秋晴れの中 良い上棟式となりそうです
たかおか

2015年9月27日
東温市の家 カーテン取り付け完了!!

先月,完成見学会を開催いたしましたお家!!東温市のお家
20150926-2015-08-24 09.40.03.jpg
カーテン取り付け工事完了いたしました。
玄関 FiX部分には木製ブラインド取り付け!!
やはり木製ブラインドはかっこいいです!!
20150926-2015-09-26 16.49.53.jpg
リビングもカーテン取り付け
カーテン取り付くとイメージも変りますね。
20150926-2015-09-26 16.50.23.jpg
20150926-2015-09-26 16.53.22.jpg
さて話は変りますが来月、松前町にて完成見学会を17日18日開催いたします。
是非いらしてくださいね。
今回は2階建て!!
高性能なデザインされたお家を是非この機会に!!
スタッフ takata

2015年9月26日
現場でポスティング☆

昨日は現場近くでポスティングでした。
今回ポスティングをしたのは、
「金物工法」と「耐力面材」についてのチラシです!
20150926-kanamono.dairaito.jpg
金物工法とは、木材に金物をつけて、
そこに木材を取り付ける工法のことです。
上のチラシのイラストを見ていただけると
わかりやすいと思うのですが、
従来の在来工法に比べて、削り取る部分が少なく、
なんと在来工法の1.5〜1.8倍の強度があります。
また、耐力面材についてもご紹介。
従来は筋交いといって、
柱と土台・梁などで囲まれた四角形の枠組みに、
斜めに木材を取り付けて、地震対策をしていましたが(チラシ・イラスト参照)、
弊社では耐力面材ダイライトを取り入れています。
ダイライトは筋交いとは異なり、
壁面で地震の力を受け止めます。
面で受け止めるので、地震の力を分散してくれます。
また、ダイライトは燃えにくい素材でもあるので、安心ですね。
わたなべ

2015年9月26日
松前パッシブハウス〜土台敷き〜

大間の家は、「土台敷き」の作業中です。
「土台敷き」とは、基礎の上に土台を設置していく作業です。
今日は基礎パッキンと土台気密パッキンが施工中でした。
私たちの家づくりでは、
基礎断熱工法を採用しているため、
床下も室内として考えています!
そこで重要なことは、
外気が出入りする隙間をなくすことと、
床下の空気が循環することの2つです☆
その役割をはたすのが写真にある2つのパッキンになります。
土台気密パッキンは、基礎の外周部に敷き、
基礎と土台の隙間をなくします。
この土台気密パッキンのすごいところは、
隙間をなくすのはもちろん、
パッキンにフィルムがついていることで、
基礎からの湿気が土台に伝わるのを防ぐ効果があるのです!
これが土台気密パッキン!
20150925-IMG_0649.JPG
基礎パッキンは内部の基礎に敷き、
基礎と土台に隙間を作ります。
隙間が出来ることで、床下の空気が循環し、
快適な空間をつくりだします。
基礎パッキンはこちら!↓
20150925-IMG_0647.JPG
外気の進入を防ぎ、
床下の空気を循環させることで、
床下が乾燥し、
じめじめした環境を作らせないことを目的としています。
(※弊社としては、床下の排気も行っています。)
快適なお家は床下からというわけです♪
わたなべ

2015年9月25日
アトリエ KOTI

いつかきっと実現を・・・と家造りをはじめたときから話を聞かせてくれていました。
自宅で雑貨屋さん、いよいよOPENです^^
「 こどものもの
 おとなのもの
  くらしのもの
 アトリエ KOTI   H27.9.29 OPEN」
20150925-IMG_3984-1.jpg
営業日・・・月・火・金の10時〜15時
instagram
blog
外観はこちらのお家☆このお家の見学会のときも雑貨イベントをしましたー。懐かしい♪
20150925-01.jpg
商品を並べる前の什器。
ここには数名の作家さんの作品が並ぶようです!
20150925-IMG_3986-1.jpg
ちゃっかり弊社のリーフレットも置かせていただいております☆
20150925-IMG_3985-1.jpg
出産祝いの品で数年前から私もお客さんになってます☆
ひとつひとつ手仕事でつくられた作品の数々がそろっているはず。
ぜひ、気になる方は足を運んでみてくださいね。
こんどう

2015年9月25日
松前パッシブハウス 〜大間の家〜

シルバーウィークはお天気に恵まれた休日でした^_^
満喫されましたでしょうか。
先日のパッシブハウス。
null
基礎配筋検査が無事終わり、立ち上がり部分も仕上がっています。
防蟻用断熱材とコンクリートの隙間は、
防蟻用のコーキング材(ボンドみたいなもの)で塞ぎます。
null
null
シロアリの侵入経路をWで防ぎます。そして、さらに
発泡ウレタン(防蟻用)で塞ぎ、トリプルで防ぐ形になります!
そちらは上棟の際にUPできると思います(^○^)
null
防蟻用断熱材の外周には、基礎用の下地を塗ります。
(写真のグレーの部分が塗り終えたところです。)
表面の割れを防ぐため、メッシュを貼り→下地を塗ります。
今日25日は土台敷き。
土台となる木材に、現場で金物に合わせ穴を開け、上から土台を載せ固定します。
手間の長い金物は、“ホールダウン金物“というモノで
基礎と柱を連結する金物で、 柱が浮き上がるのを防ぐための補強金物。
耐震性に関係する重要な金物です。
短い方は“アンカーボルト”というモノで基礎と土台を連結するための金物です。
棟上げがもうすぐです^_^
28日の予定ですので、またその状況をお伝えします!
お楽しみに♪
かねこ

2015年9月25日
壁紙in北川原

シルバーウィークはいかがお過ごしでしたか?
松前・北川原の現場では、
紙クロス・ラウファーザーを施工しています。
ラウファーザーはヨーロッパで愛用されている紙クロスです。
透湿性・通気性があり、
一般的なビニールクロスが3〜4回しかはりかえられないのに対して、
ラウファーザーは7〜8回はりかえが可能です!
また、化学物質を使用していないので、安心です♪
こちらがラウファーザー(施工途中)!
20150925-IMG_0643.JPG
ちなみにこちらの現場では10月17日、18日に完成見学会予定です。
こちらは、大間の現場近くの田んぼです。
新米の季節が楽しみですね笑
20150925-IMG_0635-2.jpg
わたなべ

2015年9月25日
来月の見学会は・・・

松前町にて開催します!
今度は2階建て。三角屋根に独立キッチンスペース。座卓での食事に和室の寝室。
モダンな生活にもあこがれますが、なんだかほっとする空間になりそうです。
大工工事も終盤を迎え、一部クロス工事がはじまっています^^
見学会は10月17日(土)・18日(日)を予定。
ひとまず外観だけ先にお披露目♪
20150919-IMG_3982-1.jpg
今後の情報をお楽しみに〜。
こんどう

2015年9月19日
 

有限会社 アーキテクト工房 Pure

〒791-0243 愛媛県松山市平井町甲3-1 【Access Map

089-976-3600/Fax 089-976-3138

info@studiopure.jp

お問合せフォームはコチラ
  • Builders pure
  • House de organic
  • PASSIVEHOUSEJAPAN
PAGE TOP